インテルの名ゲーム:複雑さを軽減するために良いより良いものに切り替える

名前って何?あなたがインテルなら、Atom、Centrino、Core、Pentiumなどのブランド名がたくさんあります。しかし、コンシューマーとITバイヤーの間でも、混乱の正当な部分もあります。

インテルは、ブランド名のポートフォリオを改革する計画を立てています。ある声明で、同社は

我々はインテルコアの主要な「ヒーロー」クライアントブランドに戦略を集中させています。今日、Intel Coreブランドには、派生品(Core 2 DuoやCore 2 Quadなど)の心配があります。 Intel Core i3プロセッサー、Intel Core i5プロセッサー、Intel Core i7プロセッサーなど、複数のレベルにわたるコア・プロセッサーの簡略化されたファミリーになる予定です。 Core i3とCore i5は新しい修飾語であり、以前発表されたIntel Core i7に参加してファミリ構造を完成させます。これらはブランドではなく、さまざまな機能とメリットを示すIntel Coreブランドの修飾語であることに注意することが重要です。たとえば、Lynnfield(デスクトップ)などの今後発売されるプロセッサはIntel Coreブランドを搭載しますが、機能セットと機能に応じてIntel Core i5またはIntel Core i7として利用できます。 Clarksfield(モバイル)はIntel Core i7の名前を持つ予定です。

だから喜んでインテルは複雑さを取り除いた。実際には、同社は来年に市場に複数のブランドが存在することを認めている。

Coreブランドの下では、i3はCoreファミリのエントリーレベルを表し、Core i5とCore i7は中間レベルと高レベルの製品を表します。 Celeronはエントリーレベルのコンピューティング、Pentiumは基本的なコンピューティング、Atomはネットブックやスマートフォンなどのデバイス向けです。 PCの場合、Celeronは良いと思っており、Pentiumはより良く、Coreは最高です。

ワイヤレスコンピューティングの代名詞となったセントリノでさえ、完全に消え去ることはありません。同社は来年、この名称をWiFiとWiMax製品に移行する計画だ。

インテルはMovidiusを立ち上げ、将来のコンピュータビジョン、VR tech

インテル、4K UHDを大衆に押しつける第7世代プロセッサを発表

Intel、IntelはMovidiusを買収し、将来のコンピュータビジョン、VRテクノロジー、プロセッサーを開発する; Intelは4K UHDを普及させる第7世代プロセッサーを発売;ストレージ; PC、データセンター、インターネットのための新しい3D NAND SSDを提供;エンタープライズ・テクノロジーの巨人の中では、実用的なイノベーションが引き継ぐ

Intel、PC、データセンター、インターネットのための新しい3D NAND SSDを提供

企業の大手企業のうち、実用的な技術革新が引き継ぐ