インテルは新しいE7 CPUを搭載したハイエンドを争う

インテルは本日、E7、E3、E5、ハイエンドサーバーCPU(E7)を含む新しいファミリ命名法の一部として、予想される「Westmere EX」ハイエンドWestmereアーキテクチャサーバーCPUをE7として公表しました。一見して、ハイエンドx86システムのバイヤーに魅力を感じさせる拡張機能を備えたWestmereアーキテクチャの約束どおりに実現しているように見えます。

一言で言えば、E7

これは何を意味するのでしょうか? x86サーバーワークロードの明確な勝利。

この発表の欠点を見つけるのは難しいです。インテルは、この発表で従来のRISC / UNIXの領域にさらにパフォーマンス・フランチャイズを拡大し、LinuxおよびWindowsのワークロードは、システムの再設計を必要とせずにパフォーマンスを大幅に向上させるプラットフォームを提供し、シスコ、クレイ、ドゥニング、デル、富士通、日立、HP、IBM、レノボ、NEC、オラクル、SGI、スーパーマイクロ、ユニシスなど35社以上の製品が含まれています。

x86サーバーからパフォーマンスチャートを更新する新しいE7を使用して構築できる8ソケットx86サーバーよりも大きな可能性を考慮した場合、2010年12月22日に発行されたHigh Notesにヒットしました。 E7を現在のXeon 7500アーキテクチャーに統合すると、x86サーバーの性能は今後12ヶ月で大幅に向上する見通しです。

インテル、4K UHDを大衆に押しつける第7世代プロセッサを発表

ビジョンとニューラルネットがより強力なチップの需要を押し上げる

NVIDIA、仮想GPU監視、分析を開始

インテルは、システムレベルのパフォーマンスが従来の8コアNehalem EXより最大40%向上すると主張しています。コアあたりのパフォーマンスの向上は控えめであることに注意してください(インテルは8コアのSKUを提供していますが、スレッドごとに最高のパフォーマンスを望む人にはクロックレートを若干高くしています)。インテル®アドバンスト暗号標準新命令(AES- NI)とインテル®TXT(Intel Trusted Execution Technology);さらに積極的なP状態を含むXeon 5600 CPUの電力管理機能を組み込んで電力管理を大幅に改善し、アイドル電力の運用を改善し、インテルのノードマネージャソフトウェアを搭載していないシステムではこれがどの程度サポートされているのかは不明ですが、

AMD、IntelとZenの優位性を打ち消す

プロセッサー、4K UHDを普及させるための第7世代プロセッサーの発売、プロセッサー、ビジョンとニューラルネットによるより強力なチップの需要の推進、データセンター、NVIDIAの仮想GPU監視、分析、ハードウェア、AMDのZen