インドのPC販売台数:2億9000万台

ガートナーによると、インドの机上およびモバイルPCの売上高は、2012年第2四半期に290万台を記録しました。

調査会社の報告書によれば、PC販売台数の50%を占める消費者の購入が前年同期比17%増えた。

この成長は主に、Hewlett-Packard(HP)、Lenovo、Asus、Samsungなどのベンダーがこの市場セグメントで50%以上の成長を記録しているため、エントリーレベルの製品によって促進されています。

ガートナーのプリンシパル・リサーチ・アナリスト、ビシャール・トリパティ(Vishal Tripathi)氏は、消費者向けPCの売上高は順調に24%伸びており、メディアタブレットは西欧のようにインド市場でPC市場を混乱させていないことを強調している。

一方、ウルトラブックは、市場に浸透することが難しいと感じました。しかし、新しいインテル・プロセッサーの採用と価格の下落に伴い、今四半期に採用が増加するとの見通しを示した。

ガートナーは、中国のPCメーカー、レノボが市場をリードし、2011年のデルのリーダーであるデルとの16.6%のシェアが12.9%で4位に落ちたと指摘した。エイサーは13.4%、HPは13.1%とトップ4を伸ばした。

今後の展望として、PCの出荷台数は引き続き増加し、インドのお祭りや教育の継続により、次の四半期には増加すると見込んでいる。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10、MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場を表明した、モビリティ、RazerがインテルKaby Lake CPU、Nvidia Pascalグラフィックスを搭載したBlade、Bladeステルスラップトップ、ハードウェア、Lenovoが2対1タブレット・ヨガ・ブック、ヨガ910コンバーチブル・ラップトップ、Windows 10、MicrosoftのWindows 10 ‘Redstone 2’テスト・ビルド14915がPC、携帯電話

インテルKaby Lake CPU、Nvidia Pascalグラフィックス搭載のBlade、Bladeステルスラップトップ

Lenovo、2-in-1タブレット・ヨガ・ブック、ヨガ910コンバーチブル・ラップトップを搭載したPCを提供

マイクロソフト社のWindows 10 ‘Redstone 2’テストビルド14915は、PC、電話機で利用可能