インドは国家のブロードバンドイニシアチブから外国のベンダーを禁止

インド政府は、国内の遠方の農村部に高速インターネット接続をもたらすことを目的としたINR2100億(US $ 39億)の国家光ファイバー・ネットワーク(NOFN)プロジェクトから、すべての外国電気通信機器ベンダーを禁止した。

インドの通信省(DoT)は、NOFNプロジェクトでは100%国内調達が必須だと述べた。 Himachal Futuristic Communications(HFCL)、ITI、Tejas Networks、テレマティクス開発センター(C-DoT)、VMC Systems、Prithvi Infosystems、Sai Systems、United Telecoms、SM Creativeなどがあります。

我々は、ネットワーク機器の国内製造を促進するためのDoTのネットワークセキュリティガイドラインと規範を遵守し、2月中旬までに入札を呼び込む」と同報告書でBBNLは述べている。 (BSNL)とMahanagar Telephone Nigam Limited(MTNL)が共同で実施するNOFNプロジェクトに参加しました。

DoTの地元製通信機器の決定は、研究機関C-DoTがHuawei TechnologiesとZTEがNOFNプロジェクトに入札することを中国のベンダーに禁じるよう、省庁に要請した3ヶ月後に始まる。 C-DoTは、通信技術のための政府所有の開発センターです。

昨年11月、Chandrasekhar電気通信長官の内部メモによれば、C-DoTは、HuaweiとZTEを「敏感な政府のプロジェクト」から守るべきだと米国の議会の報告書は主張した。 ;中国軍との関係が疑われるため、世界中の電気通信ネットワークへ。

Economic Timesの報告書によると、インド政府は一歩進んで、NOFNプロジェクトからすべての外国のベンダーを除外した。

HuaweiとZTEのインドオフィス、エリクソン、Nokia Siemens Networks、およびAlcatel Lucentは、適格GPON(ギガビットパッシブオプティカルネットワーク)サプライヤーのリストからの除外に関する質問に回答することを拒否したという報告書がある。

しかし、報告書には、国際電気通信機器会社のトップ・エグゼクティブが挙げられています。「GPON機器の国内供給の推奨レベルが、まだ開始されていないか、またはインドの規模の経済用語。

Telco、Telstra、Ericsson、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成、通信事業者、SamsungとT-Mobileが5G試験で共同作業、Cloud、Michael DellがEMC契約を締結しました: 「私たちは数十年間で考えることができます

ソースは、準備ができていない生態系がなければ成果物が遵守できないと付け加えました。

もう一つの名目上の幹部は、インディアン政府が「輸入と比較してインドで製造されたエレクトロニクスに22%のコスト上の不利益があるため、GPON装置の代金を支払う可能性がある」と報告した。

Chorus、ニュージーランドのギガビットスピードブロードバンドを発表

テルストラ、エリクソン、ライブ4Gネットワ​​ークテストで1Gbpsの総合速度を達成

サムスンとTモバイルが5Gトライアルで協力

マイケル・デルがEMCとの契約を締結した。「数十年後には、