オラクル、パブリック・クラウド・パートナー・プログラムを発表

サンフランシスコ – オラクルは、パートナーがハードウェアおよびソフトウェア製品群に基づいてクラウド製品をより効果的に提供するための5つの新しいプログラムを発表しました。

オラクルのワールドワイド・アライアンス、チャネル、組込み販売担当シニアバイスプレジデントのJudson Althoff氏は、クラウド・ビルダーのスペシャライゼーションの1つとして、パートナーがOracleベースのクラウドの専門プロバイダーとしてブランド化することができると述べた。

新しいプログラムのうち3つは、パブリッククラウド展開に焦点を当てています。これにはパートナーが顧客紹介を登録できる「広範な紹介プログラム」、システムインテグレータ(SI)を対象としたRapidStartを特集したCloud Specializationsがあります。後者は、製品開発のためのオラクルの知的財産へのSIへのアクセスを提供し、クラウド展開の迅速化と展開を可能にします。

Althoff氏によると、オラクルはパブリック・クラウド・オファリングを14社提供しており、資格のあるパートナーは、フルライフサイクル管理を再販して提供することができます。

さらに、現在、Oracleプラットフォーム上でクラウド製品とサービスを提供したいと望んでいるISV(独立系ソフトウェア開発者)を対象としたPaaS(サービスとしてのプラットフォーム)プログラムがあります。

ITベンダーによると、業種や業種を専門とするパートナーは、そうでないパートナーよりも優れています。

例えば、3つ以上の専門分野を持つパートナーは、54%の機会を有し、他のパートナーよりも取引を終了する可能性が55%向上している、とAlthoff氏は明らかにした。

Oracleには4,600の専門パートナーと21,000人の専門家がおり、うち5,300人以上がアジア太平洋地域に拠点を置いています。 HDS、富士通、TCS、ウィプロ、インフォシスなど、オラクル製品で少なくとも4,000万ドルの売上を生み出し、15以上の反復可能なビジネスをサポートする「ダイヤモンドパートナー」も追加した。

オラクルのアジア太平洋地域シニア・バイス・プレジデント、アライアンスおよびチャネル担当のマーク・ルイス氏によると、同地域におけるオラクルの売上の80%はパートナーによって推進されています。

ルイス氏は、オラクルがシンガポール政府のGクラウドに関わっているかどうかについて質問したが、ウェブサイトには何も確認されていないが、同社は一部のコンポーネントについて「議論中」と語った。

G-cloudは、マルチテナントのプライベートクラウドであり、国のすべての政府機関に共有コンピューティングリソースとアプリケーションを提供します。地元の通信会社であるSingTelは5月に5年間入札し、クラウドインフラストラクチャは2012年末に準備が整う予定です。

オラクルは現在、オーストラリア、アジア太平洋地域に1つのデータセンターを運営しており、1年以内にシンガポールで2番目にオープンします。同社広報担当者によると、同地域の他の市場に新しいデータセンターを建設する計画は、顧客の需要に左右されるだろう。

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力

今年は、ベンダーがOpenWorld内のパートナー専用の毎日のトラックセッションでカンファレンスを運営している最初の年です。

米国オハイオ州サンフランシスコで開催されたOpenWorld 2012カンファレンスから、アジアのウェブサイトのアイリーン・ユー氏がオラクルの招待で報じた。

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大