オラクルのメモリ内オプションは、12ヶ月以内に残りを打つことを目指しています

昨年9月にオラクルが誇示したメモリ内のデータベース技術は、60日間で利用可能になるだけでなく、12カ月以内にすべてのライバルを凌ぐ可能性があるとの巨人の話です。

OracleのDatabase In-Memoryオプションは、SAPのHANAなどの長年にわたる競合製品のように、1秒間に何十億ものデータ値に対応する能力を備えた分析によって駆動される作業負荷を加速するように設計されています。

オラクルの製品管理担当ティム・シェトラー副社長によると、アプリケーションの変更やデータベース機能の制限を必要とするライバル製品とは異なり、新しいオラクルのテクノロジは、同社のデータベーステクノロジを使用する既存のアプリケーションに対して透過的です。

「このオプションをOracleデータベース上で実行される既存のアプリケーションに対して透過的にすることが非常に重要だと感じた理由の1つは、世界中で30万以上の組織がOracleデータベースを使用しているためです。

そのために、少なくとも数字の点では、オプションが利用可能になったときにはかなり堅調な買収が行われることが予想されます。SAPとは対照的に、実際にはデータベースビジネスにはなかったSybaseを購入しました。だから彼らは最初から大きなインストールベースを持っていない。

世界中の企業による分析と科学的テストの普及にもかかわらず、経営上の第六の感覚は盛んです。

おそらく1年以内に、他のすべての企業を組み合わせたよりも、Oracleのメモリー内オプションを使用している企業が増えていくことが予想されます。

アナリスト企業Quocirca Clive Longbottomの上級研究員は、SAP HANAへのオラクルの答えは、長引いていると語った。

ロングボトム氏は、「HANAを使用してSAPに実際に対応しなければならない。これは長年にわたって10Cを使用していたため、メモリ内の機能であったが、HANAと比較して、

他の多くの企業がサーバー側のSSDと大規模なDIMアレイを使用して高速化されたインメモリー解析機能を利用していることから、Oracleはもう少し長く見え始めています。

オラクルは2005年にメモリ・コンピューティングのパイオニアであるTimesTenを買収しました。「メモリのコストは恐ろしいものだったので、非常に深いポケットを持つ人にとっては非常に解決策でした」とLongbottom氏は述べています。

それは、その技術を販売し続けているが、それは会社が数年前から取り組んできた、すぐにリリースされるアーキテクチャとは異なる。

調査:大規模なデータ傾向 – コスト、成果、成果、人員配置、Hadoopが大きなデータの中核フレームワークとして浮上、ITプロのためのBig Data入門

オラクルのTim Shetler氏は、12.1.0.2の一部として不特定の価格でリリースされるDatabase In-Memoryオプションは、同じデータベース上で高度な分析とトランザクション処理のワークロードを可能にするデュアルフォーマットアーキテクチャを提供すると述べています。

「本番トランザクション処理ワークロードに使用しているのと同じデータベースに対して非常に大量のリアルタイム分析を実行できます。

したがって、共通のデータベースをすべてのワークロードにわたって共有できるということは、顧客が本番データのコピーを作成する必要がなくなり、一般的にデータマートと呼ばれるレポートを実行できることを意味します。 1つの共通システムですべてを行うことができ、コピーの遅延を避け、分析しているデータが最新の最新のものであることを確認できます。

Shetler氏は、Oracle Databaseの既存の機能で使用できるメモリ内のデータベースではないことから、Database In-Memoryオプションが最も完全な実装であると考えていると述べています。

プライベートクラウド? Oracleは、Oracle Enterprise Manager 12cを自動化し、Oracleはデータベーススケーラビリティサービス「MySQL Fabric」を、Oracleはモバイルアプリ、SQL、NoSQLに音声をもたらすためにNuanceを立ち上げましたか?良いですが、ハイブリッド・データベースはどのように適合していますか?オラクルはGoogleとの著作権侵害を訴えています

エンタープライズソフトウェア、?TechnologyOneは、農業、共同作業、現在のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか? HPEはLinuxディストリビューション、Enterpriseソフトウェア、Appleが9月13日にiOS 10をリリース、macOS Sierraを9月20日にリリース

「これらは統合されているため、高速メモリ内カラムストアだけでなく、トランザクションの整合性、セキュリティ、堅牢性を保証するためにデータベースから期待されるすべてのインフラストラクチャも効果的に完備しています」

これをSAP HANAと比較すると、非常に高速なインメモリ・データ・ストアが効果的に構築されていますが、まだまだ残りのデータベース機能を完了しようとしています。

Shetlerは、Database In-Memoryオプションは、Oracleデータベースに先行していた30年以上の開発のすべてを活用していると述べています。

ビッグデータとOracleの詳細

「Oracleデータベースのすべての特徴、機能、堅牢性は、In-Memoryオプションによって継承されています。データベースのメモリ自体は、市場の他の実装と非常によく似ています。

完全なデータベースシステムの観点から考えると、オラクルはおそらくその開発の点でリードしています。

Shetler氏によると、Oracleの利点がある別の領域は、メモリ内のテクノロジで使用できるデータベースのサイズにあります。

「多くの実装では、作業中のデータベースをすべてメモリにプリロードする必要があります。

メモリはますます大きくなってきていますが、大規模なデータベースや大規模なデータ型のデータセットなど、大規模なデータベースはメモリに収めるのが非常に難しく、またはメモリ内のデータベーステクノロジで動作する可能性は低くなります。

私たちは長年にわたり、大規模なデータベースを収容するための方法をいくつか開発してきました。インメモリオプションを使用すると、メモリ内のデータを多くのデータベースに分散することができ、メモリ内のデータベースが大幅に大きくなります。

2013年のOpenWorldカンファレンスでオラクルのCEOであるLarry Ellison氏がインメモリー技術を発表して以来、フォールトトレランス機能が強化されました。

「私たちが行ったことは、Oracle RACクラスタの1つでデータベースとデータベースのメモリ内オプションを実行している場合、つまり複数のデータベースサーバのメモリ領域にデータを分散している場合、そのデータをフォールトトレラントな方法で保護するように要求する」とShetler氏は述べています。

これにより、各データが少なくとも1つの他のデータベースサーバのメモリに確実にコピーされ、データベースサーバの1つに障害が発生した場合、RACソフトウェアはその障害を自動的に検出し、そのアプリケーションをそのデータは失敗したデータであり、パフォーマンスはまったく失敗しなかったかのように続きます。

アプリケーションの完全な透過性、データベース機能の完全な透過性を持つだけでなく、クラスタに障害が発生した場合、フェイルオーバーと高可用性の完全な透過性があります。

Database In-Memoryオプションは、Oracleによって出荷されるOracle設計システムおよびシステムだけでなく、Oracle 12cデータベースが稼動できるすべてのシステムで使用可能になります。

?TechnologyOneは農業に6.2百万豪ドルを調印

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Appleは9月13日にiOS 10を、MacOS Sierraは9月20日にAppleをリリースする