オリンパスCamedia P-400レビュー

ほとんどの人は、あなたが「フォトプリンター」と言えば自動的にインクジェットを考えるが、それは唯一の選択肢ではない。オリンパスのP-400は、訓練されていない目が従来の写真であると想定する出力を生成するA4色素昇華フォトプリンタです。もちろん、これはすべて価格で行われます。マシン自体は£850.21(VAT)(£999 inc。VAT)で、A4プリントはそれぞれ約1.90ポンドです。しかし、フォトラボでは、10インチで約9ポンドを請求することができます。 8インチかなりの金額を使用した場合、すぐにP-400の費用を回収することになります。

P-400にはSmartMediaとPC Cardスロットが装備されており、SmartMediaとCompactFlashカード(後者はオプションのPCカードアダプタ経由)から直接印刷物を作成できます。小型(32mm角)のモノクロ液晶パネルを使用して、必要な画像、用紙の種類、印刷サイズ(標準、はがき、フォトアルバム、インデックス印刷など)を選択できます。また、A4ページあたり2枚のはがきサイズのプリントをリムーバブルメディアから直接印刷することができます。ページあたりの最大印刷可能領域は、254mm×194mm、解像度は314dpiです。

残念ながら、LCDスクリーンはあまり明確ではなく、バックライトが欠けています。また、P-400はテストメディア上の画像を移動するのに最大90秒かかりましたが、アクティビティの唯一の兆候はカードにアクセスする際の小さな点滅ライトです。カードが読み取られたときに警告音が鳴らないので、SmartMediaまたはCompactFlashからのダイレクトプリントが遅くて辛いプロセスになります。

染料昇華プロセスの性質上、特殊紙を使用する必要があるため、P-400は汎用オフィスプリンタとしては適していません。オリンパスは、A4、A5、Lフォーマットの用紙と、A4サイズのカードを1ページに2枚ずつ印刷することができます。

P-400は、イエロー、マゼンタ、シアンの4パスプリンターで、長い「リボン」カートリッジの保護クリアコートが続きます。新しいリボンを装填するには、軽薄なプラスチックリボンを入れた2本のローラーを手でプラスチック製のキャリアに取り付ける必要があります。しかしリボンが紙に張り付いてプリンタを徹底的に詰まらせると、我々が試みた6枚目のプリントのように、リボン£60は完全に引き裂かれ、メスで丁寧に切断し、キャリアに再縫うだけで救出されました。

P-400からのアウトプットは優れており、未印刷の目を印刷物が写真であると考えて、この印象に加えた紙の重さと感触に惑わされてしまいます。カラーバランスは一般的に良好ですが、地元のマラードアヒルの電気緑の羽根は、HPインクジェットに比べてややミュートされています。連続トーンプリント(インクジェットのディザリングとは対照的に)は、明るい色調の領域で多くのインクジェットが生成するやや粒状の外観を得られないことを意味します。前払い費用以外の唯一の欠点は、カードリーダから大きなファイル(2MB以上)を読み取って、時折プリント以外のものを使用できない場合、P-400が十分に遅いことです。通常は、パラレルまたはUSBインターフェースを介して、PCからほとんどの印刷を制御する必要があります。

P-400は確かに印象的な出力を生み出しますが、4パスの昇華プロセスは本質的に遅く、その結果P-400は誰にとっても適していません。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン