ソフトウェア、成長市場をリードするIBMの第3四半期

IBMは第3四半期の好調な業績を達成し、強力なソフトウェア成長の中で見通しを引き上げました。

ビッグ・ブルーの第3四半期の収益は、前年同期比8%増の262億ドルで、38億ドル(1株当たり3.19ドル)となった。非GAAPベースの利益は3.28ドルでした。

ウォール街では、第3四半期の収入は262億ドルの収入で3.22ドルの株式を探していた。

また、2011年の非GAAPベースの利益は、1株当たり13.25ドルと予想されています。ウォール街は13.32ドルのシェアを予想していた。

当四半期は、主にソフトウェアおよび新興市場によって推進された。

カンファレンスコールでは、IBM CFO Mark Loughridgeがソフトウェアとサービスの強みを訴え、ハードウェア事業が引き続きシェアを獲得すると付け加えました。 「我々は競争の激しい動きを続け、ユニットのシェアを拡大​​している」と彼は語った。

Loughridge氏は、同社は2015年のロードマップで軌道に乗っていると付け加えた。電話会議のその他の重要ポイント

数字で

IBMのNetezzaの売上高は前年同期比で36%増加しました。ハードウェア・ユニットの競争力は250でした。 Loughridgeは、HPの半分とOracle / Sunの残りの半分からもたらされたもので、Cloudの売上は倍増し、LoughridgeはIBMの新しいサービスについて明るい見通しを示した。

?TechnologyOneは農業に6.2百万豪ドルを調印

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

第3四半期のソフトウェア収入は、前年同期比13%増の58億ドルでした。営業利益は22億ドルでした。ミドルウェアの売上高は前年同期比17%増の36億ドル、成長市場からの収益は19%増、ブラジル、ロシア、インド、中国からの売上高は17%増、グローバル・テクノロジー・サービス収益は第3四半期に9%増〜103億ドル。グローバルビジネスサービスの収益は6%増の48億ドルでした。第3四半期末の受注残高は1370億ドルでした;第3四半期のハードウェア収益は45億ドルで、前年同期比4%増でした。営業利益は3億1800万ドルでした。 Power Systemsの売上高は15%増加しましたが、System zメインフレームの売上高は前年同期比で5%減少しました。

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Appleは9月13日にiOS 10を、MacOS Sierraは9月20日にAppleをリリースする

エンタープライズソフトウェア、?TechnologyOneは、農業、共同作業、現在のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか? HPEはLinuxディストリビューション、Enterpriseソフトウェア、Appleが9月13日にiOS 10をリリース、macOS Sierraを9月20日にリリース