テクノロジーが不平等を埋める機会

貧困層と貧困層の間にデジタル格差が存在する可能性はあるものの、恵まれない人々を支援し、有効にする技術を活用する機会が増えているという業界観察者たちがいる。

マイクロソフトのアジア太平洋地域地域事務局長であるClair Deevyは、ウェブサイトAsia Fridayとのインタビューで、「一定の進化」があり、進化の製品の1つとしてソーシャルビジネスの出現を強調したと述べた。

技術が分裂を生み出した場合、それはまた橋を作ります。非営利団体と商業団体の中間にあるこの領域は、あなたが両方を行うことができるというアイデアです。社会的にプラスの影響力を持ち、商業的成功を収めるビジネスを持っています。

同じインタビューでカンボジアの最も貧しい子どもたちが学校に通うのを助けるPonheary Ly財団創設者のPonheary Lyは、200人の家族の村にいくつかの壊れた井戸があるという問題を強調したビデオの例を挙げました。

生徒たちは米国のボランティアからビデオを学び、今年初めにYouTubeに動画を掲載しました。

Ly氏によると、水曜日の映画祭で最初の準優勝を飾ったビデオは、村に来て道具を提供し、壊れた井戸を修理する方法を教えることを計画している米国の組織の注目を集めた。

青少年は新しい技術で非常に速く進むことができます」とLyは述べています。「ツアーガイドとして働く人は、非常に成功することができます。古い世代のツアーガイドは、代理店が電話しないと、代理店と仕事をしていますが、お金はありません。しかし、若い人たちは、彼らはインターネット上で彼ら自身のビジネスを持っています。

例を挙げると、2010年にCNN Heroとして認められたLyは、シンガポールにあるMicrosoftの最初のInnovate4Goodサミットで話し合っています.Good Summitでは世界中の若者が集まり、問題の議論や社会変革のためのアイデアの共同作業を行っています。

シンガポールの脚は4月28日から29日にかけて、アジア各地の異なる背景を持つ約100人の若者たちとともに開催されます。今年3月31日に始まった世界初のイベントは、6都市をカバーしています。レッドモンド、カイロ、北京、ブリュッセル、メキシコシティの3カ所でスタートしました。

MicrosoftのDeevy氏は、LyがフィリピンのDynamic Teen CompanyのEfren Geronimo Peaflorida Jr.と米国のNonprofit Tech 2.0のHeather Mansfieldの2人のスピーカーと一緒に、世界中のイベント出席者に刺激を与えることを希望していると語った技術がどのようにプラスのインパクトを生み出すのに役立ったのかを知ることができます。

「すべての人が技術を通じ、効果的にグローバルな声を出すことができるようになりました。

Deevyは、Innovate4Goodを開始することを決定したと説明しました。なぜなら、不十分なコミュニティや世界の変化をサポートするために行った企業の社会的責任(CSR)の仕事を見て、機会の分割が増えていることに気づきました。

最初にチャンスを逃した場合、それはあなたの人生の残りの部分に影響を与える可能性があります。小学校や高校を修了しなかった場合、インターネットから技術にアクセスできないと、あなたはまったく別の道を歩みます。

エンタープライズソフトウェア、?TechnologyOneは、農業、共同作業、現在のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか? HPEはLinuxディストリビューション、Enterpriseソフトウェア、Appleが9月13日にiOS 10をリリース、macOS Sierraを9月20日にリリース

彼女は、コンピュータに触れたことのない人や、コンピュータの使い方やインターネットへのアクセス権を習得している人には、仕事や仕事に行くという自信を持っているため、技術へのアクセスを「完全に変える」ことができる自らの事業を強化する。

「テクノロジーを取り入れて、社会的な原因、環境、医療、教育などに取り組むことができるという考え方です。開発者や技術者になるためのテクノロジとは無関係ではありません。デービーは強調した。

経験を共有し、他の人から学び、Lyは、Innovate4Goodを通じて彼女の経験を共有するだけでなく、カンボジアの人々と分かち合う新しいアイデアを学ぶことを望んでいる。

私は本当に私の国が急速に成長するのを助けたいと思っています。私は他の人々の生活を見ると非常に嫉妬深い、なぜ彼らは非常に幻想的で、カンボジアは非常に低いのか、あなたに話すことができます。だから今技術が人々の成長を助けることができるとき、私は本当にそれを私の国に持ちたいと思っています。

Ponheary Ly財団は現在、カンボジアで4つの小学校と6つの中学校を運営しており、約2,500人の子どもたちに奉仕しています。このプロジェクトは、コンピュータの寄付を絶えず探しています。小学校の1つに15台のコンピュータを備えたラボがあるためです。

少なくとも小学校にはコンピュータを持ち、家族のために退学したり、住んでいる村から5〜10km離れた中学校に通うための交通手段が不足していると、基本的な教育レベルを取得することが重要です。 Lyは言った。

「1,000台のノートパソコンがあれば、私たちが持っているすべての学校にコンピュータラボを設置することができ、高等教育を受けて村を開発できることを願っています。シンガポールでは少なくとも同市の子供たちと同じだ」と彼女は言った。

?TechnologyOneは農業に6.2百万豪ドルを調印

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Appleは9月13日にiOS 10を、MacOS Sierraは9月20日にAppleをリリースする