データ、規模、リーダーシップ、イノベーションに関するInformatica CEO Abbasi

Sohaib Abbasiは最近Informaticaの最高経営責任者(CEO)として10年の記念日を過ごしました。Informaticaは2009年以来売上高を倍増させ、年間売上高は10億ドルに達しました。

エンタープライズソフトウェアは、特にグローバル組織で、チームとビジネスプロセスを結びつける接着剤を表しています。エンタープライズソフトウェアがどのようにしてよりシンプルで、ウェブ化し、動員し、より多くの社会的なものになっているかをご覧ください。

Abbasiの在任期間を考えると、過去10年間のHewlett-Packardには暫定的なCEOを含む6人のCEOがいて、ヤフーには完全にインストールされた7人のCEOがいたことは注目に値する。過去10年間のSAPには、共同CEOの2つのチームがあり、後半の2人目のデュオの半数が後にリーダーとして単独で飛んでいます。また、CA Technologiesには3人のCEOがいました。

Informaticaの10億ドルの売上高は、エンタープライズソフトウェア企業の変革ポイントとなることが多いため、注目に値します。

一部のベンダーは10億ドルを渡し、成長の苦しみの後、成長を続けています。 Oracle、SAP、Microsoftなどの企業は、Novellを考えて、その収益を記録し、煉瓦の壁にぶつかります。

Abbasiの挑戦は、Informaticaを30億ドルの規模に拡大することです。クラウド、モバイル、ソーシャル、ビッグデータなどのスターは、明らかにデータ統合企業の戦略と一致しています。企業の生命線はデータであり、分析を実際に利用するには、複数のシステムから情報を集める技術が必要です。 Informaticaは、これらのデータ統合の問題を解決するために、収益の17%を研究開発に費やしています。

Informaticaには苦痛が伴います。同社の第2四半期決算は、主要産業、販売執行の課題、および経営の変化に挑戦しました。たとえば、Informaticaの世界販売担当シニアバイスプレジデントのJohn McGee氏は、最近、セキュリティ会社FireEyeに出向いた。一方、CFOであるInstitutional Investorによって認められたCFOのEarl Fry氏は、将来の企業戦略にもっと関与します。

他のソフトウェア企業と同様、Informaticaは、ライセンスに基づくビジネスモデルからクラウドとサブスクリプションを中心としたビジネスモデルへの移行を進めなければなりません。

Informaticaは、新しいプラットフォームでデータを管理、保護することを目指しています

ここでは会話のハイライトのいくつかを紹介します

同社は金融サービス顧客と最近の四半期に依存している。 Informaticaの第2四半期の業績は、同社の顧客基盤がどのように拡大しているのかを強調しました。歴史的に、金融サービスはインフォマティカの第一線の業界であり、現在はヘルスケアです。

ビジネス触媒としてのCIO – 役割、関連性と価値、中小企業は新技術の現在の状況と将来の採用計画、ITリーダーはObamacareのロールアウトミスから学ぶことができる5つのレッスンITのメトリクス:

トップ25の取引のうち、わずか2つが金融サービスでした。 Abbasi氏は、Informaticaの経営改革について言及しているが、執行上の問題があり、それに対処するための措置を取っている」と語った。しかし、金融サービスにはさらに慎重な経費環境がある。

アブバシ氏は、業界としての金融サービスが再定義されていると付け加えた。業界はリスクに報いていましたが、罰金や規制がそれを縮小しました。大きすぎて失敗するのではなく、金融サービス会社が革新するには大きすぎない可能性があります。 「金融サービス企業は、初期の採用企業ではなく、かつてはこれまでの会社とは異なります」と彼は付け加えました。

ビジネスを実行するアプリケーションは深刻な変化を遂げていますが、システムにも多くの慣性があります。明日のエンタープライズソフトウェアの展望を形作っている、クラウドの採用、モビリティ、消費者分析、ビジネスアナリティクスなどの主要な傾向について検討します。

革新はどこですか?アバシ氏は、データの管理と採掘に関する興味深いことをしている業界は、小売、電気通信、石油・ガスであると述べた。これらの3つは、複数のデータレイクを利用し、情報をまとめるためにInformaticaを使用します。小売業では、データの取り組みはトップの顧客だけでなく、ソーシャルネットワークに最も影響力のある顧客を特定することを中心に展開しています。

革新、?M2M市場がブラジルに戻り、コラボレーション、今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何か、CXO、CIOには誰が影響を与えるのか?トップ20はCXO、エグゼクティブデッキをシャッフルするANZ Bank

Abbasi氏は、同社のMaster Data Management 10は、顧客がモバイルやソーシャル、関係を介してどのように関与しているかを追跡するように設計されていると述べた。テレコムでは、データの取り組みは、適切な時期に、特にプリペイドプランが普及するにつれて、顧客を抱くことを中心に展開しています。石油とガスでは、データ湖を探索して探検するのに最適な場所を見つけます。

ITの海の変化。 「過去30年間の技術は、生産性の向上、取引の自動化、インフラストラクチャーの投入に関するものでした」とAbbasi氏は述べています。 「今日では、人、顧客、サプライヤーとのやりとりをより魅力的にする方法についても言及しています。トランザクションだけでなく、新しいデータのやり取りもあります。

Abbasiは、この変化を可能にするために、「すべてのデータのスイス」としてのインフォマティカの役割が、Oracleデータベース、MongoDB、Hadoop、およびその他のデータベースにあるかどうかに関係なく、さまざまなシステムおよびデータリポジトリと統合し、 Workdayなどのクラウドプラットフォームで実行されます。

成長。 Informaticaは、今後数年間で収益を3倍に増やし、30億ドルに増やしたいと考えています。 「我々にはいくつかの成長の機会がある」とAbbasi氏は語った。同氏はまた、業界のテーリング・マスター・データ管理、データ保護、ビジネス・データへのアクセス、およびクラウド・データ統合はすべて10億ドルの潜在市場であると述べた。

一方、インフォマティカは革新を続ける必要があります。 「毎年、研究開発に17%の歳入を投資してきた」とアバシ氏は語った。 “その投資と焦点は、誰もが一致することは困難です。

Informaticaのスケーリング私たちが10億ドルの売上高について話したとき、私はソフトウェア企業がどのように規模を変えたり、横倒ししているかを指摘しました。アッバシ氏は、Oracleが10億ドルの収益を上回ったときに働いたため、この訓練を知っています。 「組織の規模を拡大し、グルーミングし、より多くの責任と権限を受け入れるリーダーを育成しなければならない」と彼は語った。また、より厳格なポートフォリオ計画プロセスが必要です。

また、顧客は変化しており、インフォマティカは成功を収めて忠誠を醸成し、企業を次のレベルに引き上げる必要があります。

雇用。規模を拡大するために、Abbasiはデータを理解する人々を雇う必要があります。そのアプローチは数年前とは異なります。

「10年前にはJavaのスキルを習得し、うまくいくことができました。今日、必要なスキルはいろいろなものがあり、技術の最先端インターネットを知っている人は雲と社会を理解できないかもしれません。その現実は、情報がどのように消費されてもInformaticaがデータに重点​​を置く人々を雇う必要がある理由です。

リーダーシップ。 Informaticaの10年間の仕事でAbbasiは、リーダーシップの一貫性は、世界クラスのチームを開発していると言いました。 「最強チームを築くと、それがあなたの優位性だ」とアッバシ監督は語った。そのチームはまた、「規模に適応する」必要があります。

InformaticaのSohaib Abbasi最高経営責任者、MicrosoftからOracleを救済する

“ビル・ゲイツ氏は[ラリー]エリソンの管理方法を知らなかった。

彼はどのように決定を下すべきかに近い人々にもっと多くを委譲する方法を学んだが、それは容易ではないと述べた。 「付加価値のある場所と追加の才能を補完する必要がある場所を知る必要があります。

Abbasi氏は、最高経営責任者(CEO)のラリー・エリソン氏が経営幹部を引き上げてビジネスを拡大したオラクルの経験を活かしていると述べた。 Abbasi氏は、Oracleが最初はスケーリングに苦労したことを思い出し、1990年にMicrosoftが買収するという噂を引き起こした厄介な財務四半期をもたらしました。

何がMicrosoftからOracleを救ったのですか? 「ビル・ゲイツ氏はエリソンの管理方法を知らなかった。

あなたのアイデンティティを維持する。 Informaticaの30億ドル規模のビジネスへの最大のリスクは、成長するにつれてそのアイデンティティを維持することです。 「企業が規模を拡大すると、企業は自らのアイデンティティを失う可能性がある」とAbbasi氏は指摘する。企業は、市場を拡大する方法で、遺産、アイデンティティ、イノベーションを覚える必要があります。新しい業界全体に入るのは危険です。

アナリストは何年も前、Informaticaの専門性(抽出、変換、ローディング(ETL))が限られていたため、Informaticaが問題になっていると思っていたことは注目に値する。その代わりに、InformaticaはETLを再定義しました。現在、世界中の企業は複数の店舗にまたがるデータ統合の必要性を認識しています。 Abbasi氏は、Informaticaの他の人たちは誰もがスイートを採用し、データを統合する必要がないという誤った前提で理論を構築したと付け加えました。

彼は「理論は、SAPとOracleからすべてを買うことができるというものだった。それはあなたが必要とするものだ.2つの欠点があった。まず、すべてのレガシーアプリケーションを放棄してスイートを採用するのは現実的ではない。どこに住んでいてもデータを統合することができます。

私は、世界が私たちの視点でデータに近づいていると思います。

M2M市場はブラジルに戻ってくる

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

CIOには誰が影響しますか?ここではトップ20です

ANZ銀行、技術エグゼクティブデッキをシャッフル