ノキア最高のハイテクブランド労働者の権利レポートの多くの

国際的な援助開発機関のバプテスト・ワールド・エイド・オーストラリアの報告によると、39の主要ハイテクブランドの中の一つのテクノロジー企業Nokiaだけが、その製造業労働者に「生きている賃金」を支払ったことを証明することができた。

組織のエレクトロニクス業界動向レポートの分析によると、分析された技術企業の97%が、インドや中国のような国での基本的なニーズを満たすために労働者に十分な賃金を支払っていることを確認できませんでしたおよび最終製品の製造。

分析ではノキアが全体的に最高のパフォーマーであったが、Asus、Lenovo、Canonは、報告書でランク付けされた最もスコアの低い国際的な技術ブランドの1つであった。

分析された39社のうち、ノキアだけが労働者が法的最低額を上回る金額を受け取っていることを証明するのに十分な証拠を提供することができた」とマイクロソフトとサムスンが最低賃金以上を支払うと主張している出版の時点で、我々はこれを確認するのに十分な証拠を受け取っていなかった。

ノキアはB +グレードと労働者に生活賃金を支払っていることを示すデモで、全体的に最高のパフォーマーでした。大手のアップル、サムスン、モトローラはそれぞれB +、B、B-得点を挙げ、オーストラリアのブランドであるKoganはHuawei、Canon、Lenovoと共にD-を獲得した。 PalsonicはF.を受け取った

フォックスコーンは、中国の大手サプライヤーであるトラブルシューティングの多くに起因するAppleの悪い報酬にもかかわらず、このレポートでは最高のブランドの1つであった。

FoxconnやPegatronのような中国のサプライヤーの貧しい労働条件や児童労働に対して世間の注目を集めたことから、アップルのトップ層への参加は驚くべきことかもしれませんが、実際、Apple自身は2014年に児童労働を使って8つの施設報告書によると、

分析では、調査対象ブランドのわずか18%が原材料の調達先を部分的に知っていても、34%が労働者の団体交渉権を含む行動規範を持っていることが分かりました。

「ノキアは団体交渉の取り決めがあった工場を十分に特定できる唯一の企業だった」と同報告書は指摘する。

Baptist World Aidのアドボカシー・マネージャーのGershon Nimbalker氏は、報告書の主な懸案事項は最低賃金率であり、多くの国で家族の基本的な必需品をカバーしていないということです。

報告書は、労働者が食料、水、避難所などの基本的なニーズを満たすことができるように十分高い生きている賃金を記述しています。これは公式最低賃金とは​​みなされません。製造業が行われている国々の間では大きく異なります。

「私たちは現場での仕事を通して、個人や地域社会に貧困を克服させるための「生きている賃金」の支払いが重要であることを知っています。残念ながら、オーストラリアのブランドはこの発見から免除されません。

開発途上国の労働者は、私たちが楽しむ電話、テレビ、タブレットを作るために、しばしば圧倒的な条件で長時間働きます。

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面、モビリティ、MicrosoftのEdge電池の主張:Chrome on Surfaceより長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む

「スマートフォン1台あたりわずか2〜9ドルの見積もりがあるが、見積もりでは、1人当たりの賃金で十分な報酬を得られるようにするための追加費用は、総価格の1.5%を上回っている」と述べた。

この研究はバプテスト・ワールド・エイドのパートナーである米国の反奴隷制キャンペーン組織であるNot for Saleと協力して行われました。 Behind the Barcodeシリーズの2番目のレポートです。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます