マイクロソフト、モバイルBIベンダDatazenを買収

マイクロソフトは、クロスプラットフォームのモバイルビジネスインテリジェンスベンダーであるDatazen Softwareを未公開の金額で買収したと、関係者は4月14日に述べた。

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面、モビリティ、MicrosoftのEdge電池の主張:Chrome on Surfaceより長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む

トロントに本拠を置くDatazenは、Windows、iOS、Androidデバイスでのデータ視覚化と重要なパフォーマンス指標データを提供します。マイクロソフトは、Power BIセルフサービスのビジネスインテリジェンス戦略を加速させることで買収を訴えている。

Datazenは2002年にUIとデータの可視化技術を開発した開発者ツールベンダーであるComponentArtとして創設されました。

マイクロソフトでは、Power BIのビジネスインテリジェンスツール/サービスの無料版を導入する予定で、完全に機能した新しいPro版の価格を引き下げる予定だ。

Datazenは既にMicrosoftによると、SQL Server Analysis Servicesで使用するために最適化されています。今日の時点で、SQL Server 2008+ Enterprise Editionのお客様は、追加費用なしでDatazen Serverをダウンロードできます。ネイティブモバイルアプリは、それぞれのアプリストアで無料で利用できます。

マイクロソフトの関係者は、同社がDatazenの今後の計画について「今後数カ月間に」明らかにすると述べた。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます