マイクロソフト、政府のクラウドサービスをOffice 365のラインナップに追加

マイクロソフトは、米国政府の顧客に特に訴求するための新しいOffice 365製品を開発中です。

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面、モビリティ、MicrosoftのEdge電池の主張:Chrome on Surfaceより長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む

Office 365の前身、つまりビジネス生産性オンライン(BPOS)スイートと呼ばれるマイクロソフトのホストされたアプリケーションのバンドルであるマイクロソフトは、政府の顧客にBPOS-F(連邦)オプションを提供しました。 BPOS-SKUは3つのBPOS SKUのうちの1つであり、残りの2つはBPOS-S(標準)とBPOS-D(専用)です。

BPOS-Fは、マイクロソフトがホストするSharePoint、Exchange、およびCommunications Serverの非常に限定されたバンドルです。 「これらの(BPOS連邦)システムへの物理的アクセスは、国際武器規制(ITAR)に準拠して厳格なバックグラウンドチェックを受けた米国市民でなければならない少数の個人に対して、昨年BPOS-Fを発表したMicrosoftのプレスリリースによると、

昨年の夏にMicrosoftがOffice 365を導入したとき、公務員は、標準SKUと専用SKUの両方を提供し続ける一方で、あまりにも遠い将来に「D」SKUが段階的に廃止されるという希望と信念があった「S」はそれ以上のものになるだろう。しかし、Microsoftの政府顧客向けにOffice 365を提供する方法、時期、時期については、同社関係者は特に言及しなかった。

今月の3月1日、Microsoftの関係者は、FutureFedサイトで、別のSKUがOffice 365のために働いていたとブログに書きました。この記事は、これを「米国の顧客のための政府のコミュニティクラウド」として説明しました。 (私は、3月1日のComputerWorldの話に感謝してこのブログのポストを発見しました。)

ここまでは、FutureFedの投稿から利用可能な詳細がありません

今日、専用のITARまたはマルチテナント環境でホストされているOffice 365パブリッククラウドソリューションまたはプライベートクラウドソリューションの選択肢を顧客に提供しています。また、米国のお客様に政府のコミュニティクラウドを提供することにも取り組んでいます。すべてのOffice 365製品がISO 27001、SSAE 16、HIPAA、FISMA / FedRAMP(Federal Risk and Authorization Management Program)などの業界標準をサポートしていることを誇りに思っています。独自のプライベートクラウドインフラストラクチャを構築して管理することを希望するお客様には、Windows Server Hyper-VやSystem Centerなどのツールを使用するように権限を与えました。

政府のクラウド要件が進展するにつれて、マイクロソフトのポートフォリオも発展します。当社は、FedRAMPなどの政府の要求に基づいて、最も幅広い選択肢を顧客に提供することを約束している。

翻訳:「専用ITAR」とは、MicrosoftのプライベートクラウドであるオンプレミスのOffice 365のことで、Windows Serverに固定されています。これは現在、MicrosoftがOffice 365の顧客に対して持っているBPOS-Fに相当するものです。今後登場する「政府のコミュニティクラウド」は、Microsoft BPOS-Fホステッドサービスとはまったく異なるものと思われます。

米国の顧客向けの政府のコミュニティクラウドは、顧客データを独立した政府のみの環境に保存することを可能にします。私たちの目的は、顧客が要求するFISMAやFedRAMPなどの独自の政府の要件を満たすことです」と広報担当者は電子メールで私に語った。

だから、この政府のコミュニティのクラウドは、Office 365のパブリッククラウドのようなものですが、より厳格な保証/制限がありますか?現時点では、私は100%確信していないし、Microsoftはもっと情報を共有していない。

一方、他のマイクロソフトのクラウドニュースでは、Microsoftは今年2月にSQL Azureを中心にWindows Azureパブリッククラウドの価格を引き下げている。 3月8日に発表された最新のカットは、Windows Azureのストレージとコンピューティングのためのものです。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます