マイクロソフト、韓国のR&D部門を解散

マイクロソフトは、来月末までに韓国に拠点を置く研究開発(R&D)従業員が解散すると発表した。

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面、モビリティ、MicrosoftのEdge電池の主張:Chrome on Surfaceより長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む

韓国ヘラルド紙によると、同社の本社は昨年末、北京でアジアの研究開発拠点を築くことを決め、ソウルの21人のR&D従業員が移転を命じられた。

現時点でソウル事務所に勤務するR&D勤労者10人は、ワシントン州レドモンドにあるソフトウェア大手の本社で働く命令を受けたが、残っている11人の立場は未定だ。従業員は、ソウルの別の部門で働くか、キャリアコンサルティングや募集などの会社のサポートプログラムに転勤することができます。

マイクロソフト社の関係者は、R&Dチームは米国本社の下にあった組織であり、「レドモンド」への直接的なレポートラインも持っていたと述べている。最初は韓国支店に属していません。

韓国のR&D従業員は、2000年まではMicrosoft WindowsやOfficeなどのMicrosoftソフトウェアのローカライズを担当していましたが、レドモンド社の本社が言語面を担当していたため、技術協力や他の韓国企業との協力を開始しました言語パック。

MicrosoftはR&D部門を解散させるために、韓国のグローバルテクノロジー企業による一連の退出を控えている。昨年はインターネットの大手、ヤフーの市場からの撤退、事業運営の合理化、モトローラのモビリティ、HTC、同様の理由で韓国での閉鎖を見た。

これまでの報告書によると、韓国のユーザーは、エコシステムを統合してコラボレーションする能力を備えているため、特に世界の企業が市場で競争することが困難であるため、地元のブランドを見分けて選んでいます。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます