マイクロソフト、PC用Windows 10テストビルド10130を発表

マイクロソフトは、5月29日金曜日の終わりに、PC用に予定されているW indows 10プレビュービルド10130を公開しました。

Windows 10、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する、クラウド、MicrosoftのクラウドパートナーのサブスクリプションでWindows 10 Enterpriseを利用できるようにする、エンタープライズソフトウェア、WindowsのためのMicrosoftの新しいビジネスモデル10:有料プレイ

新しいビルドはFast RingのWindows Insidersのためのもので、主に新しいアイコンが追加されているなど、より洗練された小さな改良が施されています。 (下の画像はMicrosoftのもので、新しいWindows 10アイコンを示しています。)

このビルドの他の新しい変更には、ファイルやダウンロードの移動やいくつかのスタート調整などのアクションのためのタスクバーアニメーションが含まれます。マイクロソフトではジャンプリストのユーザーインターフェイスを洗練されているので、Startの新しいUIのほうが似ています。

また、タブレットモードとPCモードを切り替えるためのマイクロソフトの技術であるContinuumにはいくつかの調整が加えられているため、TabletモードはWindows 8.1のように機能します。このビルドでは、Cortanaペイン、[お気に入り]ペイン、[リーディング]リストペイン、およびその他のペインをEdgeブラウザ(このビルドでは「Project Spartan」と呼ばれています)に固定したり固定したりすることもできます。

このビルドでテストするために、PDFへの印刷用のWindows 10(現在は「Microsoft Print to PDF」)も利用できます。

マイクロソフトの幹部は、2018年の夏の終わりまでに、Windows 10は2〜3年後に10億個のデバイスにインストールされると主張している。

マイクロソフトは、Windows 7とWindows 8.1からのアップグレードに影響するバグのために、以前のWindows 10 Desktopテストビルド(No. 10122)をSlowリングにするつもりはないと、関係者は今日の新ビルドに関する記事で再確認した。

マイクロソフトでは、Windows用の「今夏の夏」、具体的には7月下旬に、以前に流出したパートナーの1人として、Windows用のPCを立ち上げ続けています。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

Windows 10 Enterpriseは、Microsoftのクラウドパートナーからのサブスクリプションで利用可能になりました

Windows 10のMicrosoftの新しいビジネスモデル:遊ぶための支払い