マイクロソフトでは、ウォレットを使用してWindows 10 Mobile Insiders

マイクロソフトでは、Windows 10 Mobile用Microsoft Wallet経由でNFCタップ・ツー・ペイを追加しています。

Windows 10、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する、クラウド、MicrosoftのクラウドパートナーのサブスクリプションでWindows 10 Enterpriseを利用できるようにする、エンタープライズソフトウェア、WindowsのためのMicrosoftの新しいビジネスモデル10:有料プレイ

はい、Windows Phoneは現在、タップ・ツー・ペイ・ペイをサポートしていません。そして、技術的には、まだタップ・トゥ・ペイ機能はビルド14360以上を実行しているWindowsインサイダーだけが利用可能であるため、それはまだありません。現在のところ、Lumia 950、950 XL、650は米国のみで動作しています。

マイクロソフトの関係者は、タップ・ツー・ペイ・ペイメントは一般的に「今夏の後半に」利用可能となると言っている。彼らは現在、どのWindows Phoneがその機能を利用するかを指定するのではなく、その機能が米国外のユーザーに提供される予定です。

サムスンとビザはモバイル決済技術としてNFCを宣伝していますが、大衆市場の提案になる前に取り組むにはまだ多くの障害があります。

マイクロソフトの関係者によると、更新されたウォレットアプリケーションを使って支払うというタップは、「百万を超える小売店で使用可能で、非接触決済記号や販売時点でのマイクロソフトのウォレットロゴが見られる場所であればどこでも使える。

Microsoftは、6月21日に更新されたWalletアプリケーションの可用性を発表しました.Windows Centralは、更新されたWalletアプリケーションが今月初めに機能していると指摘しました。

Microsoft Wallet 2.0は、クレジットカードとデビットカード、会員カード、および特典カードをサポートしています。マイクロソフトは、現時点で、Chase、USBank、Fifth Third Bankなどがすぐに来るように、Bank of AmericaとPeople’s United BankをWalletをサポートするものとしてリストアップしているという。

マイクロソフトの関係者は、最初にWinHECで1年以上前にWindows 10にタップ・ツー・ペイ・コードネームの「OnePay」を追加するという同社の計画について話し合った。その後、職員は、マイクロソフトがWindows 10にその機能のサポートを追加する時期や方法について言及しなかった。

Microsoftの関係者は、6月21日に更新されたWindows 10 Mapsアプリケーションの利用可能性も発表しました。更新されたアプリケーションは、オフラインサポート、ここでのお気に入りの移行、新しいナビゲーションオプションを追加します。 Microsoftのマップアプリケーションは、Windows 10 Mobileデバイスでは使用できないHEREマップの代わりとなるものです。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

Windows 10 Enterpriseは、Microsoftのクラウドパートナーからのサブスクリプションで利用可能になりました

Windows 10のMicrosoftの新しいビジネスモデル:遊ぶための支払い