マイクロソフトでは、ブラウザの選択肢が紛れ込んでEUから731万ドルの罰金を科せた

マイクロソフトは、少なくともEU加盟国の目の前で、27の加盟国協議で締結された以前の約束を破って大量の罰金を呑み込まなければならないことによって、「取引は取引である」という難しい方法を学ぶことになる。

マイクロソフトはきれいになる、謝罪する; EUに「遵守する」

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面、モビリティ、MicrosoftのEdge電池の主張:Chrome on Surfaceより長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む

同ソフトウェア大手は、前回の独占禁止法違反の条件の悪化に対して、欧州当局から5億6,100万ユーロ(7億3,000万ドル)の罰金を科された。

このソフトウェア大手は、2009年に欧州委員会と締結した和解案に違反し、同地域内のすべての既存および新規のPCに「ブラウザ選択」画面を表示することを義務づけた。

欧州の独占禁止法および競争会議のJoaquin Almuniaは、法的拘束力のある約束を維持することの重要性を強調した。

2009年、当社が提供した約束を受け入れ、Internet ExplorerをWindowsに結びつけることにより、マイクロソフトによる支配的地位の乱用の疑いがあるとの調査を終了しました。

同氏は、「独占禁止法の決定では、法的拘束力のある約束は、競争上の問題への迅速な解決を可能にするため、非常に重要な役割を果たしています。それに応じて認可されるべきです。

「遵守しなかったことは、それに応じて認可されなければならない非常に重大な侵害である」 – ヨーロピアン競争委員長ホアキン・アルムニア

ブリュッセルのマイクロソフトスポークスパーソンは、ウェブサイトへの電子メールで、同社は「技術的な誤りに対する完全な責任」を負っていると述べた。彼が追加した

私たちは、委員会に状況の完全で誠実な評価を提供しました。私たちは、このミスを避けるためにソフトウェア開発やその他のプロセスを強化するための措置をとっています。

Microsoftは罰金を上訴しないと述べた。

しかし、2011年2月から2012年7月までWindows 7(Service Pack 1)を実行している新しいマシンからは、「ブラウザの選択」画面が表示されませんでした。マイクロソフトはその時点で、選択肢を捨てないヨーロッパでWindowsを実行している約2,800万台のPCに接続できます。

今日、欧州委員会は、この数字を1500万人のWindowsユーザーに切り捨てました。

間違いを認め、欧州当局と「即時に遵守する」と付け加えて、和解保証型の「ブラウザ選択」画面を含めることができなかったことは避けられない罰金に直面することを知った。

Almuniaは当時、マイクロソフトは「制裁を期待しなければならず、委員会はその事件を優先事項として扱う」と述べた。

マイクロソフトは、著作権侵害の年の間に世界の年間売り上げの最大10%、特に2012年には最大74億ドルの支払いを余儀なくされる可能性があります。

マイクロソフトの早期入会や問題解決のための即時対応などの寄与要因は、その合計の9%を大幅に下回る罰金につながりました。

「罰金の計算において、欧州委員会は、侵害の重力や期間、罰金の抑止効果を確保する必要性、緩和的な状況として、マイクロソフトが欧州委員会と協力し、欧州委員会はこの問題を効率的に調査するのに役立った」と委員会は述べた。

7月、欧州委員会は、マイクロソフトがユーザにブラウザの選択肢を提供するという義務を負わないとの苦情を受けたと述べた。 EUは速やかに、ソフトウェア大手の監督責任の調査を開始した。

今月1日にリリースされたWindows 8ユーザーは、ヨーロッパの反トラスト規制当局を和らげるためのマイクロソフトの提案で「ブラウザ投票」の更新を受けている。

マイクロソフトは、ほぼ即時の公式声明の中で、2011年2月以来ブラウザ投票画面を提供できなかったことを明らかにした;「技術的なエラー;ブラウザー選択の更新がWindows 7のストアシェルフ版に含まれていないパック1)。

「2011年12月に最新のコンプライアンス報告書を提出し、必要に応じてすべての関連するPCに[ブラウザ投票]ソフトウェアを配布したと信じていましたが、最近[ブラウザ投票]ソフトウェアを大まかにWindows 7 SP1を実行しているPCは2,800万台に達しています」と同社は当時述べています。

マイクロソフトは、政府機関からの重い財政罰則に直面している企業のためのまれな動きであると、マイクロソフトは声明で、「この間違いに対して真摯に謝罪する」と述べた。

以前の和解の違反は、以前の罰金を上回ります

Almuniaは、マイクロソフト社のスティーブ・バルマー最高経営責任者(CEO)との「個人的な話し合い」において、[独占禁止法]調査の結論にかかわらず、[マイクロソフト社がすぐに遵守することを保証する]と述べた。

これに続いて、次世代オペレーティングシステムのリリース前にも、Windows 8にはプレリリースのアップデートが加えられ、購入者が新しいPCまたは既存のPCにソフトウェアをインストールしたときに備えて「ブラウザ選択」画面が表示されます。

同社の幹部も、この惨事の結果、全体の給料が上がったと見ていた。

Microsoftが2012会計年度の報告書を発表したとき、同社のWindowsエンジニアリングチーム内で「ブラウザの選択」が失敗したため、退社した元Windows社長のSteven Sinofsky氏は、年間カット。

Mozilla:Firefoxのダウンロードに「ブラウザの選択」がない

2009年、Microsoftは欧州当局と和解した後も同様の10%の罰金を回避しました。同社は、Internet ExplorerをWindowsにバンドルすることで、ブラウザのシェアを拡大​​するために、オペレーティングシステム独占を不公平に使用していると非難された。

この事件に「技術的な誤り」と表記されているにもかかわらず、マイクロソフトは、Windowsにブラウザ選択ソフトウェアを含めることができなかった後、EUからのもう1つの罰金に支えられている。

罰金を避けるために、マイクロソフトは欧州ユーザーにブラウザの選択肢を提供することでビジネス慣行を変更することに同意しました。これにより、ユーザーは、独自のInternet Explorerを含むライバル企業のさまざまなブラウザを使用することができました。

ブラウザ投票は2014年まで継続し、6カ月前のWindows 8を含む次世代のWindowsに組み込まれました。

今日の罰金は、一連の似たような出来事の中で、過去5年間にヨーロッパで嫌われていた長い罰金のリストに加わるものです。

2008年、同社は、元々、Windows Media PlayerをWindows Media Playerから削除した欧州市民向けのWindows XP “N”バージョンを作成するように強制した2004年3月の反トラスト決定に従わなかったため、899百万ユーロ(14.4億ドル)の罰金を科された。競合を可能にするデスクトップソフトウェア。

これは、インテルが別の独占禁止法訴訟でさらに大きな罰金を科した2009年まで、EUの競争政策の歴史の中で最大の罰金であった。

最終的には、Microsoftがこの訴訟を訴えた後、この数字は欧州総裁から8億6,000万ユーロ(10億6,000万ドル)に引き下げられた。しかし、これでも、マイクロソフトは過去10年間で合計21億6,000万ユーロ(28億8,000万ドル)に達しました。

欧州連合(EU)がこのソフトウェアの巨人を調べるというニュースが崩れた後、ライバルのブラウザメーカーMozillaは、「ブラウザの選択」を含まないと、Mozillaのダウンロード数が合計900万件もなくなる可能性があるという。

Mozillaのビジネス担当副社長、Harvey Anderson氏によると、「すべてのブラウザベンダーへの影響を総合的に考慮した上で、この技術的不具合がダウンロードを減らし、2009年のコミットメントで是正措置の有効性を低下させたようだ」

「ブラウザ選択」画面がWindows 7(Service Pack 1)の最新バージョンに含まれていない間に、ライバルのブラウザメーカーであるMozillaは、ダウンロードの大幅な遅延を経験しました。

欧州委員会との2009年の和解中、MozillaのFirefoxブラウザは市場でトップのブラウザの1つでしたが、MicrosoftがブラウザをWindowsにバンドルした結果、Internet Explorerよりも市場シェアが大幅に低くなっています。

Mozillaは、Google検索サービスをブラウザにバンドルして収入を得ている非営利団体で、パートナーとの収益を生み出す取引に資金を提供することで、継続的な開発がサポートされます。

欧州連合(EU)は、2010年11月までに8400万のブラウザが「ブラウザ選択」画面からダウンロードされ、その重要性を強調した。

Mozillaは年間約3億ドルを生み出し、GoogleはFirefoxの開始画面とブラウザのデフォルトの検索エンジンとしてWeb検索を維持している。

ETの午前7時15分に更新:マイクロソフトからのコメント。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます