マイクロソフトの仮想化ツールの新しいベータ版でWindows、IEローミング設定のサポートを追加

マイクロソフトは、6月26日に、Microsoft Desktop Optimization Pack(MDOP)のライセンシー向けの新しい仮想化ツールの公開ベータ版を公開しました。

この新しいツールは、ユーザーエクスペリエンス仮想化(UE-V)と呼ばれ、コードネーム「Park City」と呼ばれています。ベータ2は、Windows 7とWindows 8のローミングシステム設定のサポート、追加のオペレーティングシステム設定のサポート(スタートメニュー、タスクバーとフォルダオプションなど)、エージェント構成の一貫性に対するグループポリシーのサポート、および設定のローミングと同期Internet Explorerバージョン8,9、および10の間。

UE-Vベータ2は、Microsoft Connectからダウンロードできます。

製品管理担当ディレクター、Karri Alexion-Tiernan氏は、「Windows for Your Business」ブログの新しい記事で、UE-Vへの追加が楽しみであることを実感しています。

Alexion-Tiernanは、Microsoftのデスクトップ仮想化ツールはすでにWindows 8と互換性があると付け加えました。

また、現在Windows 7に移行しているお客様は、Microsoft Desktop VirtualizationがWindows 7でも動作するため、計画を変更する必要はありません。

Microsoftの関係者が今年初めに説明したように、「UE-Vは、Windows 7またはWindows 8のアプリケーションや設定を再構成することなく、個人がデバイスを変更できるユーザー状態の仮想化製品です。

Microsoftは、2011年8月にMDOPバンドルの最新版であるSoftware Assurance MDOP 2011 R2を提供してボリュームライセンス契約を締結しました。MDOPのユーザー1人につき1ドルの追加料金を支払うWindows Intuneサービスの顧客も、昨年のR2リリースを取得しました。

MDOPには現在、Microsoftアプリケーション仮想化(App-V)、Microsoftエンタープライズデスクトップ仮想化(MED-V)、高度グループポリシー管理(AGPM)、資産インベントリサービス(AIS)、BitLocker管理および監視(MBAM) DEM)3.5。 MicrosoftはAISのサポートを段階的に廃止しており、MED-VがWindows 8をサポートすることはできないと、当局者は認めている。

マイクロソフトはMDOPをニンジンとして使用して、より多くのビジネスユーザーがSoftware Assuranceを購読しようとしています。

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

Windows 10のMicrosoftの新しいビジネスモデル:遊ぶための支払い

Androidの未来はWindowsだろうか?

Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する、エンタープライズソフトウェア、Microsoftの新しいビジネスモデル、Windows 10:有料プレイ、Microsoft、Androidの未来はWindows? :ワンクリックでネットワークの問題を解決する

Windows 10のヒント:ワンクリックでネットワークの問題を解決する