マイクロソフトのCEO Nadellaは2015年に1800万ドル以上を獲得

Microsoft CEOのSatya Nadellaは、同社の年間代理人声明によると、同社の2015年度には6月30日に終了し、1800万ドル以上を獲得した。

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面、モビリティ、MicrosoftのEdge電池の主張:Chrome on Surfaceより長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む

(GeekWireのTodd Bishopに代理ポインターのおかげで)

彼の報酬パッケージの一環として、Nadellaは目標とした年間キャッシュアワードの120%を獲得し、430万ドルのボーナスを得ました。その金額は、Nadellaの「主要な優先順位とMicrosoftの運用パフォーマンスに対するパフォーマンス」に基づいて計算されています。

2015年度のマイクロソフトの営業利益と1株当たり利益は減少しましたが、ナデラの賞の説明によれば、「今後の成長機会を構築するには一貫した進歩がありました。

「ナデリャ氏は、モバイル・ファーストとクラウドファースト戦略による強固で一貫したビジョンと実行力を提供し、当社の文化の変革を効果的に導き出し、顧客、パートナー、投資家、従業員とともに当社を効果的に代表しました」代理文

これは、デバイスとサービスの会社の将来にとってどういう意味ですか?

ナデラ氏は、当社の提供する3つの大きな野望を確立し、明確にし、オペレーティングシステムとデバイスグループをWindowsおよびデバイスグループに統合しました。パフォーマンスに基づく」と述べた。

430万ドルのボーナスに加えて、ナデラは給与120万ドルと株式1280万ドルを獲得しました。

2014年度、ナデラは3.6百万ドルのボーナス、基本給与91.9万ドル、株式報奨8,000万ドル(そのうち一部は彼がその時点で回収することができた)を獲得しました。 2014年のナデラの現金ボーナスは、目標とする賞の141%でした。

マイクロソフトの他の上位幹部に対する最新の報酬控除パッケージ(対象となるボーナスの100%以上を獲得したもの)は、10月19日の代理人声明にも含まれています。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます