マイクロソフトのSP2が激しい

これは、SP2の採用を避けたいと思っていた人々が、システムにSP2を組み込むよう強制される可能性があることを意味します。

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面、モビリティ、MicrosoftのEdge電池の主張:Chrome on Surfaceより長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む

マイクロソフトからの電子メールによる声明は、「4月12日、自動アップデートによるWindows XP SP2のダウンロードをブロックするツールが期限切れとなり、SP2が自動的にダウンロードされる」と述べた。

同社は、中小企業や家庭ユーザーはこの変更の影響を受けないと付け加えた。

SP2は昨年リリースされ、Windows XPに組み込まれたセキュリティ機能を強化しています。強制インストールの主な懸案事項は、SP2が自動的にオペレーティングシステムのファイアウォールを有効にすることです。多くのユーザーやシステム管理者にとって、これはデフォルトで無効にするよりも理にかなっていますが、ファイアウォールがアプリケーションを認識できないと、そのプログラムがスムーズに動作しない可能性があります。

その選択肢を取り除くことは、管理者にとって時間のかかるものになる可能性があります」とトレーニング会社7Safeのアラン・フィリップス(Alan Phillips)は述べています。これから出てくるストーリーがあるかどうかは興味深いでしょう。

マイクロソフトは、SP2の公開がSystem Updates Servicesなどのパッチ管理ツールを使用するのを阻止しようとしている企業に対して、しかし、IT業界の一部のメンバーは、Microsoftがこれに関する十分な情報を提供していないと懸念していました。

ICUSのグローバル情報セキュリティディレクター、ポール・シモンズ氏は、マイクロソフトがSUSとの仕組みを適切に明確にすることをマイクロソフトが適切に理解することができれば嬉しい」と述べている。

しかし、ウェブサイトの英国の読者の一人は、この動きがほとんど問題を引き起こさないと考えている。「私は、ビジネスや家庭環境で、今や多くの異なるマシンにSP2をインストールしており、何の問題も経験していない。多くの場合、心配することはありません。利益は、何かがうまくいかない可能性をはるかに上回ります。

イギリスのウェブサイトのDan Ilettがロンドンから報告した。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます