マイクロソフトは、ユーザーにXPのトレード・インを提供するWindows 8デバイスに100ドルを提供しています

マイクロソフトでは、Windows XPユーザーに$ 599以上のSurface Pro 2またはその他の選択されたWindows 8.1 PCを購入するために100ドルを提供しています。

Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する、エンタープライズソフトウェア、Microsoftの新しいビジネスモデル、Windows 10:有料プレイ、Microsoft、Androidの未来はWindows? :ワンクリックでネットワークの問題を解決する

この提供は、2014年3月20日から2014年6月15日まで、または「オンラインサプライズの最中」となります。マイクロソフトのオンラインサイトの提供ページに記載されています。このオファーは、米国、プエルトリコ、カナダの特定のマイクロソフトの小売店やオンラインストアでご利用いただけます。 ARMベースのサーフェス2は、対象となるマシンには含まれません。 1つのデバイスの上限があり、前回の注文または購入では100ドルのクレジットが利用できません。

このオファーを利用するユーザーは、マイクロソフトの新しいWindows 8デバイスを90日間無料でサポートします。マイクロソフトはまた、無料のLaplinkデータ転送サービスを提供し、ファイル、写真、音楽、設定をパッケージの一部として新しいPCに移動できるようにしている。

更新:会社の広報担当者によると、このトレードインの仕組みは次のとおりです

これは現在のXPユーザーにとって特別なプロモーションです。 Windows XPを実行しているマシンからMicrosoftStore.comに行くお客様は、取引が自動的にポップアップすることになります。

また、旧式のXPデバイスを80以上のマイクロソフトの小売店に持ち込み、599ドル以上の対象PCの購入時に100ドルを即座に節約することができます。

Microsoftは、2014年4月8日にWindows XPのサポートを終了します。その後、マイクロソフトはWindows XPユーザー以外のパッチや修正プログラムを提供しなくなります。

私はこのオファーが多くのXPホールドアウトに勝つと楽観的ではない。まだXPを使用している人々の中には、自己承認のチープケーキがありますが、企業ポリシー、互換性のないソフトウェアや周辺機器などの理由により、XPを使用している人もいます。しかし、私はそれが試してみる価値があると思います….

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

Windows 10のMicrosoftの新しいビジネスモデル:遊ぶための支払い

Androidの未来はWindowsだろうか?

Windows 10のヒント:ワンクリックでネットワークの問題を解決する