マイクロソフトはWindows 9 Mobileの画面サイズを約9インチ

マイクロソフト社は、許容最大画面サイズを9インチ以下にすることで、Windows 10 Mobileオペレーティングシステムを実行するデバイスの仕様を静かに変更した。

同社がMSPowerUser.comの5月22日のレポート(これはもともとはNokiaPowerUserのもの)から見たこの変更をMicrosoftが行ったMSDNのページから明らかではない。

最近までのところ、Windows 10 Mobileデバイスの最大許容画面サイズは7.99インチでした。

マイクロソフト社はまた、Windows 10デスクトップオペレーティングシステムを実行するために、7インチほどの小さな画面を備えたデバイスを許可しています。 Windows 10デスクトップデバイスの以前のローエンドの制限は、大部分のデバイスでは8インチでしたが、Windows 10 Pro(唯一)を実行していたタブレットは以前は7インチほどの小ささでした。

昨年の熱意の後、タブレットはフォームファクタのはるかに複雑な選択に直面したバイヤーからのより涼しい受信に直面している。

来年に登場する可能性のあるMicrosoftのブランドのSurface Mobileデバイス(Windows 10 Mobileを搭載)の開発に取り組んでいるとの見解を示したマイクロソフトの見解によれば、画面サイズの変更は面白い。 Microsoftは2014年に、Windows 9を9インチ以下の画面サイズのタブレットと携帯電話を製造するOEMに無料で利用できるようにすると述べた点で注目に値する。

マイクロソフト社も、OEMがインテルベースのデバイス上でWindows 10 Mobileを実行できるようにする予定があるのか​​どうかは不思議です。昨年、MicrosoftがWindows 10 Mobileで作業していたとき、同社はWindows 10 MobileがIntelとARMの両方の小型タブレットで動作するように指定しました。

現在、Windows 10 Mobileデバイススペックリストには、ARMベースのデバイスがWindows 10 Mobileを実行するためにサポートされているものだけが記載されています。 Intelは最近、携帯電話/タブレット市場から少なくとも一時的に遠ざかっていると発表した。

Microsoftに仕様変更について質問があり、返信があったときにこの記事を詳細に更新する予定です。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

Windows 10 Enterpriseは、Microsoftのクラウドパートナーからのサブスクリプションで利用可能になりました

Windows 10のMicrosoftの新しいビジネスモデル:遊ぶための支払い

Windows 10、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する、クラウド、MicrosoftのクラウドパートナーのサブスクリプションでWindows 10 Enterpriseを利用できるようにする、エンタープライズソフトウェア、WindowsのためのMicrosoftの新しいビジネスモデル10:有料プレイ