メモリ内のデータベースは、「速度とフィード」を超えたビジネス価値を必要とします

シンガポール – アジアでのメモリ内データベース製品の採用は、ベンダーがビジネススピードとフィード以上のビジネス用途と成果物を示すことができない限り、阻害要因となります。

IDCアジア太平洋地域のビジネスアナリストとチャネルのリサーチディレクターであるCraig Stiresは、火曜日にSAPが主催するブリーフィングで、同地域のアジア企業はインメモリーデータベース技術を採用すると述べている。ビジネスプロセスをより迅速に実行します。

これは、ベンダーが既存の製品ピッチを超える必要があることを意味します。これは、これまでのところ、「スピードとフィード」を中心に展開しています。これは、実装時に発生する企業プロセスの加速と、ビジネスオペレーションとエンドユーザーへの実際の効率向上との間に切り離されているためだとStires氏は指摘する。

たとえば、ITや上級管理職の役員が技術を調達することに同意している間は、カスタマーサービス担当者または営業担当者が、顧客データのリアルタイム分析を利用してよりパーソナライズされたサービスを提供したり、

IDCアジア太平洋地域のエンタープライズインフラストラクチャとリサーチ担当バイスプレジデントのSimon Piffは、インメモリデータベース技術の利点は、地域の企業を説得するために、技術ではなくビジネスからの位置付けが必要だと述べています。

「アジアでは誰もITからの貯蓄に興味がありませんが、その投資が私に新たな収入と新しい顧客をもたらすことができるのです」とPiff氏は同じインタビューで指摘しました。

SAPアジア・パシフィック・ジャパンのスティーブン・ワッツ社長も同様の見解を示しました。同氏は、新しいテクノロジを採用する際の費用対効果の側面に集中するのは簡単だが、インメモリデータベースプラットフォームを実装することは、リアルタイムコンピューティング、以前は不可能でした。

この地域の企業顧客は、SAPの視点で購入しているようです。 SAPアジア・パシフィック・ジャパンのデータベース技術担当シニアバイスプレジデント、アンソニー・マクマホン氏は、ドイツのソフトウェアベンダーは、現在、同地域に4社の顧客を抱えており、今後数カ月間に「かなりの顧客」を増やす予定だと語った。

データ管理、オープンデータを世界にもたらすGODAN、ビッグデータ分析、DataRobotはデータサイエンスの低懸念の果実を自動化することを目指す、クラウド、コネクテッド、クラウド時代はより良いネットワークが必要ストレージ、FacebookオープンソースZstandardデータ圧縮アルゴリズムZipの背後にあるテクノロジーを置き換える

同氏は、HANAのBusiness WarehouseやSAP HANA Application Acceleratorなどの他のHANA関連製品を使用して、すでに数百の顧客が地域にいると付け加えました。

「アジアで成功したい企業は、大規模な市場基盤からの規模やリアルタイム情報に迅速かつ迅速に対処しなければならないだろう」と同氏は、企業内メモリ技術の魅力を地域。

SAPは今年1月、HANAプラットフォーム上に主力のBusiness Suiteソフトウェアを世界的に発表しました。

GODAN、公開データで世界に栄養を与える

DataRobotは、データサイエンスの果実を自動化することを目指しています

接続されたクラウド時代にはより良いネットワークが必要

FacebookのオープンソースZstandardのデータ圧縮アルゴリズム、Zipの背後にある技術を置き換えることを目指す