中国のマイクロソフト反トラスト調査:プロットが厚くなった

米Microsoftの従業員は、月曜日の夜、Sinaのニュースに、無名の情報筋が、中国の反独占法違反のために中国の規制当局に報告したことを確認した。

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面、モビリティ、MicrosoftのEdge電池の主張:Chrome on Surfaceより長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む

従業員は、マイクロソフトが誰が苦情をしたのか、また企業が違反していると特定されている特定のルールを知らなかったことを示しました。

中国の国家産業界および商務当局は、WindowsおよびOfficeに関する情報を完全には開示していないと主張している上級経営幹部も調べている。

しかし、Sinaのニュースによると、無名の業界関係者は、中国に広く使われているWindows XPオペレーティングシステムのサポートを撤回するという米国のソフトウェア大手の決定が、調査の理由だと語った。

水曜日にシーナ氏が開始したオンライン調査によると、回答者の81%が中国におけるマイクロソフトの調査を支持しており、80%はマイクロソフトが同国の独占活動に関与していると考えている。

先週のこの報告書は、中国の4つのマイクロソフトのオフィスに調査員がいたことを示している。マイクロソフトの広報担当者は、同社は協力し、政府の質問に答えることができたと語った。

現在、3つの政府部門が中国の独占禁止関連業務​​を管理している。国家発展改革委員会(NDRC)は、価格調整に関する問題を扱っている。国家産業管理局(SAIC)は、主に市場ポジションの乱用による企業の独占活動に焦点を当て、商務省は合併や買収に起因する独占問題を担当している。

今回マイクロソフト社がSAICによって調査されているため、同社は同国における「市場の地位を乱用する」とみなされる可能性が高いとシーナの報道によると、

法曹界の教授は、この種の事件では、一般に調査官が大量の証拠を収集しなければならないため、マイクロソフトに対する調査はかなり長いと予想されていると報告している。

マイクロソフト社のPCオペレーティングシステム事業が、同社の市場シェアの90%以上を占めている中国の主要な強みであることを考えると、市場関係者は、人気の高いWindows XPのサポートの撤回がプローブの原因だと考えている。

Microsoftは4月に、システムのアップデートやセキュリティパッチを含むWindows XPオペレーティングシステムの技術サポートをもはや提供しないと発表し、約2億台のコンピュータがセキュリティの脅威に対して脆弱になってしまった。

4月の中国中央テレビ局とのインタビューで、一部の専門家は、マイクロソフトの決定が「優位な市場ポジションの乱用」であり、中国の独占禁止法違反であるとすでに指摘していた。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます