日本はエレクトロニクスにフライトを許可

日本は、オーストラリア、米国、欧州連合などの同様の動きに従って、スマートフォンやタブレットなどの電子機器の使用を許可する方向に移行しています。

今日から、乗客は離陸中に「飛行モード」に切り替わり、新しい飛行機に着陸すれば、幅広い携帯電子機器を使用することができます。

このモードではセルラーサービスが無効になるため、乗客は依然として電話をかけたりテキストを送信することができません。

以前の規則では、携帯電話、コンピュータ、および電波を放射する他のデジタルAV機器は、離陸および着陸中にオフにされることになっていました。彼らは飛行中に使用することができました。

「新しい規則は古い設計の航空機には適用されない」と政府関係者は述べた。

この変更は、昨年の米国とEUの同様の決定後に行われ、先週のオーストラリアでは、カンタス航空とバージン州の乗客のために同様の規則が緩和された。

先週の火曜日、オーストラリア民間航空安全局(CASA)は、航空会社が乗客が機器の電源を入れ続けることを可能にする新しい手続きを行った。

以前の規則の下では、乗客は離着陸中に携帯をオフにする必要がありましたが、調査の後、米国とヨーロッパに続いて、飛行モードではあるものの、装置を放置することができると判断しました。

Star Trek:50年の積極的な未来主義と大胆な社会的解説、モビリティ、Kobo Aura ONE、First Take:大画面電子リーダー8GBのストレージ;イノベーション;すべての時間の最先端の技術発明高度な文明

CASAの広報担当者は先週、このウェブサイトで、「CASAは、航空会社が乗客にゲートからゲートに電源を入れたままにさせるための手続きを講じている」と語った。

CASAと国際航空安全規制当局は、安全性の悪影響を及ぼすことなく、パーソナル・エレクトロニクス・デバイス(PED)の幅広い使用が許可されると判断しました。当局はこれがオーストラリアの高い安全基準を妥協することはないと評価した」と声明で述べた。同装置は飛行中に「飛行モード」にとどまる必要がある。

スタートレック:私たちの科学は科学のフィクションに近い9つの方法

スタートレック:50年の積極的な未来主義と大胆な社会的解説

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

高度な文明のすべての時間の最高の技術の発明