2015年のMicrosoftカレンダーに印を付ける

過去数年間、私はマイクロソフト固有のイベントのリストを作成しました。イベントは、マイクロソフトがカレンダー2015のために(直接的または間接的に)ニュースを作成するイベントです。

Windows 10、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する、クラウド、MicrosoftのクラウドパートナーのサブスクリプションでWindows 10 Enterpriseを利用できるようにする、エンタープライズソフトウェア、WindowsのためのMicrosoftの新しいビジネスモデル10:有料プレイ

今年の興味深い点は、マイクロソフトがTechEd、Microsoft Management Summit、Exchange、SharePoint、Lync、およびプロジェクト会議などのイベントをIgniteという単一のイベントに統合したことが主な理由です。

マイクロソフトは、大企業のメガイベント中に製品や戦略のニュースをリリースするタイミングからますます離脱していることを指摘する価値もあります。マイクロソフトは今年CESでのプレゼンスはごくわずかです。最小限のため、今年のリストにCESを掲載することさえできませんでした。代わりに、Softiesは、新製品や新技術を発表するために、独自のオーケストレーションイベントを使用しています。 (今後の1月21日のWindows 10日を一例として見る)

これまでのリストには、これまでのところ、今年

1月21日:Windows 10:次の章(ワシントン州レッドモンド)プレス、アナリスト向けの招待イベントですが、朝の基調講演はライブストリーミングされます。

2月3日〜5日:TechDays Online 2015(英国レディング)開発者、ITプロフェッショナルなどのためのトラック付きストリーミングフリーイベントです。恥知らずなプラグイン:今年2月3日にキーノートしています。

3月2日〜5日:Mobile World Congress 2015(バルセロナ)ここに新しい旗艦のWindows Phone(Microsoftや他のWP OEM)が登場しますか?私を得ましたが、そう願っています。

3月2日〜6日:ゲームデベロッパーカンファレンス2015(サンフランシスコ)Windows 10がXbox Oneにどのように適合するかについて、もっと詳しく聞くことがありますか?

3月16日〜19日:Convergence 2015(Atlanta)顧客、パートナーのためのMicrosoftのDynamicsショーケース。それはCRM / ERPに関するすべてです。

3月18-19日:WinHEC(深セン、中国)MicrosoftのWindowsハードウェアエンジニアリングカンファレンスWinHECは、7年後に復活します。 (注:これは招待のみのショーです)。

4月29日〜5月1日:2015年(サンフランシスコ)Windows 10、Windows 10、Windows 10!おそらく、RTMにはまだ早すぎるかもしれませんが、良いWindows 10情報(そしておそらく新しいプレビュービルド)はたくさんあります。

5月4-8日:Microsoft Ignite(シカゴ)Igniteは、TechEd、Microsoft管理サミット、Exchange、SharePoint、Lync、およびプロジェクト会議を含む多数のマイクロソフトカンファレンスに取って代わり、単一の傘を提供します。多くの有名なMicrosoftのエグゼクティブがスピーカーリストに載っています。

6月2日〜6日:Computex 2015(台北)別のOEM /デバイスショーケース。

6月16〜18日:E3(ロサンゼルス)ゲームが豊富 – おそらくPCとXboxの両方。そしておそらくその噂のマイクロソフトのゲーム用ヘルメットのデビュー、 “プロジェクトB”

7月12〜16日:世界的パートナー会議2015(オーランド)マイクロソフトのパートナー向けの年次ショーでは、通常、いくつかの興味深い製品と戦略の発表があります。

2015年第3四半期:Windows 10、Office 16の発売開始は、少なくともWindows 10の場合は、製造元のリリースと一致しないことを覚えておいてください。右。打ち上げは、調整されたマーケティングイベントになるだろう。

9月4日〜9日:IFA 2015(ベルリン)別の家電製品ショーPC /デバイスショーケース

10月27〜30日:SQL PASSサミット2015(シアトル)。一部のマイクロソフトのデータプラットフォーム/データベースアナウンスメントは、通常ここで発生します。

だれかが尋ねる前に、ビルド登録がいつ開くのか分からず、すぐにそうするべきだと思います。

アップデート(1月13日):Microsoft Build 2015の登録は、1月22日の午前9時に開かれます。

そして今年、シカゴでIgnite以外のTechEd Europeの代替品が登場するかどうかはわかりませんが、非バーチャルショーが起こりそうにないと聞いています。

リストに追加することを提案する他のショーはありますか?

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

Windows 10 Enterpriseは、Microsoftのクラウドパートナーからのサブスクリプションで利用可能になりました

Windows 10のMicrosoftの新しいビジネスモデル:遊ぶための支払い