IBMの第3四半期の売上高は目標を下回っている

IBMは、第3四半期の業績が混乱したことを報告した。これは、新しい事業部門を通じた収益拡大計画にどのような時間がかかるかを示している。

同社は、第3四半期の収益を193億ドル(前年同期比14%減)の30億ドル(1株当たり3.02ドル)と報告した。通貨ベースでは、収益は1%減でした。第3四半期の非GAAPベースの利益は1株当たり3.34ドルでした。

ウォールストリートは、非GAAPベースの収益を192億2000万ドルの1株あたり3.30ドルと求めていた。 IBMの収益は14四半期連続で減少しています。

ビッグ・ブルーの財務報告は、同社がコグニティブ・コンピューティングに重点を置いた事業部門を立ち上げた2週間後に上陸した。 IBMは、クラウド、モバイル、アナリティクス、ワトソンなどの新技術から、ハードウェア、ソフトウェア、およびサービス部門の低迷を相殺して成長する必要があります。さらに、IBMはEMCを買収する予定のデルやAmazon Web Servicesなどのクラウド・プレイヤーやGEのような産業向けデジタルジャイアントといった従来のライバルとの競争激化に直面しています。

IBMの収益報告では、IBMはこれらの新規事業を宣言し、第3四半期の稼働率は45億ドルで、クラウド収益は前年同期比45%増と発表しました。アナリティクスの収益は前年同期比9%増でした。

この見通しについて、IBMは非GAAPベースの利益を、フラットフリー・キャッシュ・フローで1株あたり15.75ドルに、1株あたり14.75ドルと予想した。

数字で

クラウドコンピューティングの成長

IBM、Romettyが認知ビジネスユニットを立ち上げた; GEのソフトウェア戦略に関するイメルト:「なぜわれわれは?

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

グローバルITサービス売上高は、前年同期比10.2%減の79.4億ドル、第3四半期のグローバルビジネスサービス売上高は13%減の42億ドル、ソフトウェア売上高は10%減の5.14ドルシステムハードウェアの売上高は38.7%減の15億ドルでしたが、これはIBMのコモディティサーバー事業をLenovoに売却したことを反映しています。

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力