JetpacがGoogleの買収後にアプリを引き出す

Techの巨人であるGoogleは、インターネット上にサイバーノーツが投稿した写真を分析し、それが抽出した情報から都会のガイドを取り上げるソフトウェアの作成者であるサンフランシスコのスタートアップJetpacを購入した。

この取引の価値は明らかにされていないが、同社のWebサイト上で週末にJetpac City GuidesアプリをApp Storeから数日以内に回収し、Googleでプロジェクトに取り掛かると述べた。

我々は、Jetpacのアプリケーションを今後数日でApp Storeから削除し、9月15日にサポートを終了する予定だ」と同社は同社のウェブサイトで語った。

2011年にサンフランシスコに本社を置くJetpacは、ユーザーがソーシャルネットワークに投稿した写真(Facebookの財産であるInstagramなど)から情報を収集し、人工知能システムによって、そこから抽出した情報を持つガイドを作成しますそれら。

GoogleのJetpacの買収は、今月初めにYouTubeのスマートフォンビデオ制作プラットフォームDirectr、そしてデジタルアシスタントのメッセージングアプリケーションであるEmuを含む、大手の大手起業家の買収に続くものである。

同社はまた、1月には今年初めにテクノロジーセキュリティの新興企業を買収し、買収、イスラエルのスマートな識別技術のスタートアップSlickLoginと詐欺や迷惑メールのセキュリティのスタートアップ、Imperiumなどを立ち上げた。

「GoogleのDeepMindは、マシンが人間のように話すことで大きなマイルストーンを主張している

GoogleがApigeeを6億2,500万ドルで買収

人工知能;?GoogleのDeepMindは、人間と同じように機械を話す主要なマイルストーンを主張している;開発者、GoogleはApigeeを6億2,500万ドルで買収した; CloudはGoogle Docs、Springboard、Mobilityと統合している。

BoxはGoogle Docs、Springboardと統合されています

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface