Lenovo、AMDの新しいAccelerated Processing Unitを搭載したThinkCentre M78デスクトップPCを発表

AMDの新しい「Trinity」Accelerated Processing Units(APU)は、消費者のグラフィックス能力を大いに誇っています。このようなレビューは、IntelのIvy Bridge CPUの統合グラフィックスを容易に上回っていることを示しています。企業に向かう。

Windows 10、MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場を表明した、モビリティ、RazerがインテルKaby Lake CPU、Nvidia Pascalグラフィックスを搭載したBlade、Bladeステルスラップトップ、ハードウェア、Lenovoが2対1タブレット・ヨガ・ブック、ヨガ910コンバーチブル・ラップトップ、Windows 10、MicrosoftのWindows 10 ‘Redstone 2’テスト・ビルド14915がPC、携帯電話

Lenovoは新型のThinkCentre M78シリーズを発表し、特に中規模および大規模のビジネスを対象とした新しいAシリーズAPUを活用しています。 M78は従来のタワー型またはスモール・フォーム・ファクタ・ユニットのいずれかとして利用可能で、3.6GHz A4-5300,3.7GHz A4-5300B、3.8GHz A6-5400B、および3.7GHz A8- 5500B。最初の3つのオプションに2つのPiledriverコアが含まれていますが、A8-5500Bはクアッドコアプロセッサです。

基本的なデスクトップにはA4-5300、4GBのRAM、250GBのハードドライブ、DVDバーナーが$ 479、A6-5400Bプロセッサと500GBのハードドライブが20ドル追加されています。 M478には最大32GBのRAMと、1TBのハードディスクドライブまたは128GBのSSDを搭載できます。より多くのグラフィカルなパワーが必要な場合は、AMD(Radeon HD 7350またはRadeon HD 7450)またはNvidia(GeForce 605)からディスクリートボードを入手することができます。

セキュリティ機能には、USBポートの無効化とTPM 1.2によるデータ暗号化のサポートが含まれています。一方、M78の緑色のbonafidesは、EnergyStar 5.2とEPEAT Gold認証で構成されています。これにはWindows 7がプリインストールされていますが、企業は新しいオペレーティングシステムをゲートからすぐに取り入れることができないため、Windows 8がオプションではないということは間違いありません。

M78は、Lenovoのウェブサイト(10月8日の出荷予定日)で、今月末に大手小売業者とLenovo代理店を通じて注文することができます。

[HotHardware経由で]

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

インテルKaby Lake CPU、Nvidia Pascalグラフィックス搭載のBlade、Bladeステルスラップトップ

Lenovo、2-in-1タブレット・ヨガ・ブック、ヨガ910コンバーチブル・ラップトップを搭載したPCを提供

マイクロソフト社のWindows 10 ‘Redstone 2’テストビルド14915は、PC、電話機で利用可能