Lenovo、ThinkStation E32ワークステーションPCを発表(729ドルから)

Lenovoは最新のデスクトップ・ワークステーションを、低価格で高性能を発揮するピッチで立ち上げようとしている。新しいエントリーレベルのThinkStation E32は、9月6日に開始価格729ドルで発売される予定です。

Windows 10、MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場を表明した、モビリティ、RazerがインテルKaby Lake CPU、Nvidia Pascalグラフィックスを搭載したBlade、Bladeステルスラップトップ、ハードウェア、Lenovoが2対1タブレット・ヨガ・ブック、ヨガ910コンバーチブル・ラップトップ、Windows 10、MicrosoftのWindows 10 ‘Redstone 2’テスト・ビルド14915がPC、携帯電話

E32は、伝統的なタワーデザイン(写真)またはスモールフォームファクターバージョンのいずれかで提供されます。基本構成はIntel Xeon E3 1200プロセッサを使用しますが、Lenovoは第4世代のCore i5またはi7(a.k.a. Haswell)CPUをアップグレード版としても提供します。

その他のオプションには、E32タワー用のK4000、SFFモデル用のK600、最大32GBのRAMなど、NvidiaのQuadroグラフィックスカードが含まれます。 HotHardwareによると、3TBのハードドライブから256GBのフルサイズのソリッドステートドライブ、128GBのmSATAサイズのSSDに至るストレージオプションがあります。

驚くことではないが、ThinkStation E32はWindows 8 Proを実行し、LenovoはAutodesk AutoCAD LTの60日間の試用版をリリースする。新しいワークステーションは、Adobe、PTC、Siemens、およびSolidWorksからプログラムを実行することも認定されています。

残念ながら、ThinkStation E32についての情報は現在LenovoのWebサイトにはないため、さまざまな構成に関する詳細は不明です。しかし、コアi7プロセッサ、32GBのRAM、Quadro K4000グラフィックスカードを搭載したE32の場合、729ドル以上を支払うことになるでしょう。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

インテルKaby Lake CPU、Nvidia Pascalグラフィックス搭載のBlade、Bladeステルスラップトップ

Lenovo、2-in-1タブレット・ヨガ・ブック、ヨガ910コンバーチブル・ラップトップを搭載したPCを提供

マイクロソフト社のWindows 10 ‘Redstone 2’テストビルド14915は、PC、電話機で利用可能