LibreOffice 3.5レビュー

“最高の無料のオフィススイート” LibreOfficeの新しいリリースは確かに、かなり誤ったOpenOfficeの基礎を築いているが、一度約束された「根本的な革新」を持っていて、Microsoftの今後のOffice 15にとって脅威になるだろうか?

LibreOfficeを指揮するDocument Foundationは、新しいリリースの大胆な主張をしており、そのアプローチを「積極的な機能開発とコード改装」と呼んでいます。バージョン3.5は両面で進歩を示しており、明らかなものから微妙なものまでさまざまな改善が行われています。

ようこそ変更には、Windows用のインストーラが含まれています.Liberationフォントがバンドルされた単一のMSIファイルと、手作業で扱うさまざまなファイルとリンクの手がかりではなく、必要な辞書とインターフェイス言語を選択できるウィザード。それをインストールしてすぐに作業を開始できます。

LibreOfficeは、スペルとインターフェイスの言語、ツール、ユーティリティを1つのパッケージにまとめ、Windows用の統一されたインストーラを最終的に入手します

最初にLibreOfficeランチャーを実行すると、小さなアイコンが拡張機能のアップデートをチェックする方法を提供し、スイートはアップデートを定期的にチェックしますが、尋ねない限りダウンロードしません。このような小さな変更は、OpenOfficeがこれまでに行ったことよりも、LibreOfficeがもっとプロフェッショナルであると感じさせます。

アップグレードは少し難解です。残念ながら、最近のLibreOffice 3.4.5をお持ちでない場合は、LibreOffice 3.5にアップグレードすることはできません:ご使用のバージョンをアンインストールしてからインストールする必要があります(LibreOffice 3.3のアンインストーラは特に遅いため、これを実行する)、またはバージョン3.4.5にアップグレードしてから3.5にアップグレードします。試用版をテストしていた場合、これは3.5 RC3と同じコードなので、更新する必要はありません。

Macユーザーはおそらく、ハードウェアアクセラレーションをオフにする必要があります。これは、プレゼンテーションの一部が正しく表示されないかクラッシュする可能性があるためです。少なくとも1つのテストファイルでこれを確認しました。これは、OpenOfficeのより慎重なアプローチとは対照的に、Document Foundationの「積極的」な機能開発で起こり得ることです。

改良点と新機能; The Document FoundationがOpenOfficeコードの助けを借りて、その積極的な戦略、特に近年ほとんど進歩を見せてこなかったスイートを正当化することを正当化した。ただし、Microsoft Officeを使用しているすべての人にとって、変更のほとんどは新しいものではありません。

たとえば、Excel(3行ではなく6行の入力を表示します)のように、入力バーを1行から大きなボックスに展開するために矢印をクリックすることができます。各列の[自動フィルタ]ドロップダウンで複数の項目を選択して、表示する行をフィルタリングすることもできます。Excelユーザーにとっては便利ですが、使い慣れたものです。

Writerでは、書くときに動的な単語数を開いたままにすることはできますが、文書の一部を隠す大きなダイアログです

ライターは非常に歓迎された生の言葉の数を得ますが、ステータスバーに表示するのではなく、大きなダイアログボックスを画面上で開いたままにしておく必要があります。ヘッダーとフッターを印刷レイアウトでクリックするだけで、ヘッダーとフッターを簡単に編集できます.Windows 2010とほぼ同じインターフェイスですが、スペースを節約するためにページ間の灰色の背景を崩すことはできません。同様に、ツールバー内をクリックすることで、新しい行をマークする段落記号を表示できるようになりました。この機能はWordに長年にわたってあった機能です。

Writerの新しい文法チェッカーは、野心的ではないため、Wordよりも刺激的です。スペーシング、大文字小文字、句読点、重複単語などのよくある間違いを確認することに固執します。それはまたかなり遅くなります – 間違って入力したときにすぐにスペルミスが表示されますが、2つ以上の文章を終えるまで、重複する単語は強調表示されないことがあります。エクステンションを使って文法規則を自分で編集するという考えは非常に魅力的ですが、規則を正しいものにするのは簡単ではありません。

新しいものではなく、まだ刺激的ですが、Writerでは単語補完がデフォルトでオンになっています。この機能がユーザーが選択したオプションになるようにしたいと考えています。

インターフェイスの質問; LibreOfficeインターフェイスは、メニューと(多くの、多くの)ツールバーをベースにしています。バージョン3.5のマイナーな新鮮な変更により、スイート間でOpenOfficeよりもアプリケーションの一貫性が高まりました。ドキュメントのレンダリングも改善されました。フォントヒンティングが強化されているため、ドキュメントの表示がわずかに改善され、Impress、Calc(チャート)、Drawのスプラインで描かれた曲線は、奇妙な直線のセグメントではなく、

いくつかの小さなインタフェースの違いは、LibreOfficeに来るユーザーをMicrosoftのスイートから混乱させる可能性があります。私たちは、Windows版の最近のファイルやお気に入りのファイルのジャンプリストを表示しないように失望しました(そして、スタンドが最近のファイルフライアウトをスタートメニューに持っていますが、Writer、Impress、Calcのいずれも混同していません)。 Writerで印刷レイアウトをオフにすると、ドキュメントがウィンドウに収まるようにリフローされます。これにより、Wordの下書きビューよりも多くのテキストが画面上に表示されますが、ページ区切りと余白を表示するために必要なスペースを犠牲にする必要がある場合は、レイアウトのみが表示されます。ドラフトモードに相当するのは、ユーザーがそれをWebレイアウトとして認識した場合、ほとんど意味がない名前です。印刷ダイアログは複数のタブに分割されているので、文書を印刷するときに余白を残したい場合は、オプションのタブをクリックし続ける必要があります。

すべてのLibreOfficeアプリケーションのウィンドウの下部にある「保存」警告は非常に便利です。変更を保存するかどうかを一目で把握し、ダブルクリックして保存することができます。ツールバーの[保存]ボタンは、おなじみの(古くなっていれば)ディスクアイコンではなく、矢印であるため、二重に便利です。

この「改善された」対話では、十分な情報が得られていないので、文書を.DOCX形式で開き、1つの単語を変更した後に見ました.DOCXフィルタが堅牢でないか、プログラムがそうでない書式設定で保持できるものと保持できないものをチェックする

しかし、Microsoft Office Open XML(OOXML)ファイルを保存すると、ODF(OpenDocument Format)のみが保持する書式またはコンテンツがある可能性があるという警告が表示されます。テキストを追加しただけで、LibreOfficeのOOXMLフィルタがうまくいけば、それは起こりそうもないはずです。私たちはMicrosoft Officeのようなダイアログを好むでしょう。曖昧なメッセージではなく失われるものを具体的に教えてくれます。

初めてVisioファイルをDrawにインポートすることができ、テストファイルはレイアウトと書式設定を保持しました。 Microsoft Officeドキュメントからコメント、カスタム図形、SmartArtをインポートすることも確実に向上しました。 SmartArtでは同じ図形が得られますが、ImpressとWriterはWordとPowerPointに存在する完全なスタイルをレンダリングできません。私たちはLibreOfficeで開かれた文書の書式変更を見て、特に複雑な表を使ってWordに戻しました。 DOCX形式で保存した一部のドキュメントはOffice 2010で開かれましたが、一般的なOffice 2003(OOXML互換パック付き)ではまったく開かれませんでした。 Officeの普遍性を考えると、ファイルの互換性は、ドキュメントをラウンドトリップするためのLibreOfficeの問題として残っています。

また、LibreOffice独自のフォーマットの暗号化されたドキュメントには、BlowfishからAESへの暗号化の切り替えが問題になります。 Blowfishで暗号化されたファイルは引き続き開くことができますが、AESで暗号化されたドキュメントを読む古いバージョンはLibreOffice 3.4.5です。ファイルを編集すると、Blowfish暗号化で保存されます。

結論として、LibreOffice 3.5はまだこのオープンソースのオフィススイートファミリのベストバージョンであるかもしれませんが、それは裏付けの賛辞のようなものです。

LibreOfficeには、ヘッダー1の後ではなく、ヘッダー9をヘッダー9の後ろに置くような修正を行った後でさえ、カスタムアニメーションリストに項目を追加するときにダイアログボックスをスクロールするような修正が行われています。新機能だけではそれを主要なリリースとすることは実際にはできませんが、現在のユーザーは改善を感謝します。目に見える機能とコードの改善点の間では、これは重要なアップグレードです。これは、Document Foundationがどのようにコミュニティに関わっているかを示しているからです。

StarSuiteの元の日付に戻ってドイツのコメントが残っているコードベースを処理するための「積極的な」アプローチは、特に大規模なCalcスプレッドシートの場合、出荷リリースから予想されるよりも多くのクラッシュを検出したことを意味します。残念ながら、ドキュメントの復旧は必ずしも堅牢ではなく、個々のドキュメントの復旧を選択することはできません。

特定の機能ではなく、LibreOffice 3.5の最も重要な点は、それが改善し続けていることです。 OpenOfficeがいかに大変な作業をしていたのか、もう一度見てください。しかし、それはまだMicrosoft Officeに追いついており、価格以外の何ものでも重要な競争相手になるというビジョンの兆候はありません。一方、マイクロソフトは無料のOffice Web Appsの改良を続けており、Office 15では大きな新機能が期待されています。

Microsoft Sprightly、First Take:スマートフォンに魅力的なコンテンツを作成する

Xplore Xslate D10、First Take:挑戦的な環境のための厳しいAndroidタブレット

Kobo Aura ONE、First Take:8GBの大容量電子書籍リーダー

Getac S410、First Take:タフで屋外にも快適な14インチノートパソコン