Microsoft、AndroidタブレットメーカーOnkyoに特許契約に署名

今週の第3回の発表では、Microsoftの関係者は、6月30日、AndroidタブレットメーカーのOnkyo Corp.を特許ライセンシーのもう1人として登録したと語った。

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面、モビリティ、MicrosoftのEdge電池の主張:Chrome on Surfaceより長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む

今週初めに発表されたマイクロソフトとの特許保護契約を締結した2つの以前のAndroidベンダーであるGeneral DynamicsとVelocity Microの場合と同様に、このような条件は明らかにされていない。しかし、これまでのケースと同様に、マイクロソフトは契約の結果としてオンキョーからロイヤルティを受け取ることを発表している。

日本に本拠を置くOnkyoは、さまざまなWindows PC、オーディオコンポーネント、ホームシアター周辺機器およびシステムを販売しています。

マイクロソフトは間違いなく、特許ライセンス契約を次々に流していくことでポイントをつけようとしている。そして、マイクロソフトのポイントは、AndroidがMicrosoftの特許に違反し、Androidに賭けている企業が危険な賭けをしているということだ。

マイクロソフトでは、数多くのAndroidやLinuxベースのデバイスメーカーに、戦闘よりも安く、安価に購入できると確信しています。 AndroidやLinuxを搭載したデバイスのうち、General Dynamics、Velocity、Onkyoの他に、HTC、Amazon、TomTom、Buffaloなどがあります。

これまでのところ、Barnes&Nobleは後退しておらず、AndroidベースのNookを通じてMicrosoftとの戦闘を公開している。

マイクロソフトの法的苦情に対するB&Nの対応によると、MicrosoftはB&Nの関係者に、Nook氏がMicrosoftが所有すると主張している6件の特許を侵害したと語った。しかし、B&Nは、B&N関係者が非公開契約に署名した場合に限り、マイクロソフトの関係者は詳細を共有すると述べた。 B&Nは、Nook製品と同様に、特許が公開されていると主張してNDAに署名することを拒否しました。

マイクロソフトは、Nookデバイス用の特許ポートフォリオへのライセンス供与のために(デバイスごとに)莫大なロイヤルティを要求した。会議終了時には、「より多くのeリーダーとは対照的にコンピュータのように、」とB&Nは答えた。

マイクロソフトは、マイクロソフトの特許契約に署名した企業から販売された各Android携帯電話に対して、ユーザー1人につき5ドルを集めると考えられている。この数字が正しければMicrosoftの役人に今月初めに尋ねたが、会社にはコメントはないと言われた。マイクロソフトの料金がAndroidタブレットの方が高いのだろうかと思う。上記のB&Nのコメントに基づいて、私はそれがあると思います。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます