MicrosoftがWindows 10対応デスクトップ最適化パックツールをリリース

マイクロソフトはWindows Desktop Optimization Packの最新バージョンをリリースしました。これにはWindows 10のサポートなどが含まれています。

Windows 10、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する、クラウド、MicrosoftのクラウドパートナーのサブスクリプションでWindows 10 Enterpriseを利用できるようにする、エンタープライズソフトウェア、WindowsのためのMicrosoftの新しいビジネスモデル10:有料プレイ

Microsoftは8月17日にMSDN購読者のMicrosoft Desktop Optimization Pack(MDOP)2015を利用できるようにしました。(リンクはTero Alhonenに感謝します)

MDOPは、Windowsビジネス顧客のための仮想化、管理、および回復ツールの集まりです。 (AGPM)、Windowsデスクトップ用アプリケーション仮想化(App-V)、ユーザーエクスペリエンス仮想化(UEV)、BitLocker管理と監視(MBAM)、診断と回復ツールセット(DaRT)、エンタープライズデスクトップ仮想化(MED -V)。

2015年のSpringリリースには、App-V 5.1、MBAM 2.5 Service Pack(SP)1、UEV 2.1 SP1、DaRT 10、およびAGPM 4.0 SP3が含まれています。 MDOP 2015のアップデートされた機能の全リストは、MDOP 2015 MSDNページの「詳細」をクリックすると表示されます。

Microsoftは2014年12月にMDOP 2014 R2を提供しました。

今年初め、マイクロソフトの関係者は、マイクロソフトがソフトウェアアシュアランスを持つエンタープライズユーザーにMDOPへの無料アクセスを提供することを計画していると顧客に語った。今日まで、MDOPはEnterpriseおよびSoftware Assuranceの顧客のためのオプションですが有料アドオンでした。 Windows 10の発売時点では、MDOPは新規顧客および更新ユーザー向けにSoftware Assuranceに無料で含まれる予定ですが、遡及的には含まれません。

MDOPは、ビジネスユーザーが待っているWindows 10ツールの唯一のセットではありません。マイクロソフトがWindows 10用のリモートサーバー管理ツールをリリースする予定があるとき、私はいくつかのユーザーに尋ねました。これらのツールを使用すると、Windows 10 PCをWindows Serverに接続して管理することができます。

Microsoftの関係者は先月、RSATのWindows 10版が8月中旬に外出するべきだと述べた。私は他の人から、Microsoftが次のWindows Server 2016プレビューと同時にRSATのWindows 10リリースを提供する予定であると聞いたことがある。週末にWindows Server 2016の3番目のテクニカルプレビュービットが漏れたとすれば、私は新しいRSATツールがすぐに外れるはずだと思います。

最新のMDTリリースでは、Windows 10の展開とアップグレードがサポートされています。これには、Windows Assessment and Deployment Kit(ADK)のサポートが含まれています。最新のMDTリリースは、Microsoft Deployment Toolkit(MDT) )、Windows 10の新しいエンタープライズ・ロングターム・サービシング・ブランチおよび教育用エディションなどが含まれます。

マイクロソフトの幹部は、2018年の夏の終わりまでに、Windows 10は2〜3年後に10億個のデバイスにインストールされると主張している。

ビジネスユーザーにとって興味深いかもしれないいくつかのWindows 10のちょっとした話。なぜドメイン参加型ネットワーク上のPCを持っているユーザーの中には、Windows 10自体ではなく、自動的にPCにダウンロードされた「Windows 10へのアップデート」アプリを持っている人がいる理由を聞いたことがあるさまざまな理由が考えられます。

Windows IT ProのRod Trent氏は、一部のビジネスユーザーがWindows Updateを使用して自動更新を行うように設定されており、一部のユーザーが複数のドメインにログインしているという事実を含め、

このような状況についてMicrosoftに尋ねたところ、スポークスマンから次のような声明を受けました

一部のユーザーに悩まされている別のドメイン参加関連のWindows 10の問題は、Windows 10を実行しているドメインに参加したPCで発生する可能性のあるロックアウトのシナリオです。この問題に関する更新プログラムをMicrosoftに依頼したところ、しかし、それが配信される可能性はありません。

この問題を抱えているお客様は、マイクロソフトサポートにお問い合わせください。できるだけ早く状況を解決するよう努めており、お客様に感謝の意を表します。忍耐強く、 “私の質問に応じて広報担当者は電子メールによる声明で答えた。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

Windows 10 Enterpriseは、Microsoftのクラウドパートナーからのサブスクリプションで利用可能になりました

Windows 10のMicrosoftの新しいビジネスモデル:遊ぶための支払い