Microsoftは、仮想化されたコンテナ、Windows Server 2016にナノサーバーモードを追加する

Windows Server 2016の2番目のテストビルドは5月になる予定ではありませんが、Microsoftは今後数か月間にWindows Serverテスターに​​登場する新しいサーバーテクノロジの一部を垣間見ることができます。

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面、モビリティ、MicrosoftのEdge電池の主張:Chrome on Surfaceより長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む

4月8日、マイクロソフトの関係者は、新しいカレンダー2016年に利用可能な次期バージョンのWindows Serverの一部となる、新しい新しいNano Server展開モードについての以前の報告を確認しました.Nano Serverテクノロジは5月のWindows Server 2016年のプレビューは、それ以降のある時点でビルドに導入される予定だという。

Nano Serverは、Windows Serverをご利用のお客様に、最小限の設置面積でWindows Serverを実行するオプションを提供します。 Nano Serverは、Windows Server Coreのおよそ1/20のサイズで、必須コンポーネント(Hyper-V、クラスタリング、ネットワーク、ストレージ、.NET、Core CLR)のみで構成され、UIはありません。

DockerのCEO、Ben Golub氏によると、新しいオーケストレーションツールを導入することで、複数のコンテナで構成される分散アプリケーションの作成と管理を行っている人にとっては、簡単なものになります。

Microsoftの関係者は、Windows Server 2016に登場する新しいWindowsコンテナオプションの詳細についても話し合った。昨年10月、Microsoftの関係者によると、新しいWindowsとLinuxのコンテナサポートがWindows Server Nextに焼き付けられるだろうという。両方の種類のコンテナは、アプリケーションのデプロイを自動化するオープンソースのエンジンであるDockerを使用して管理できます。

マイクロソフトの関係者は、その時点で、顧客はWindows Server上で稼動するWindows Server上で動作するDockerコンテナアプリケーションを作成できることを明らかにした。次にMicrosoftのAzureクラウド上の仮想マシンで実行する。

4月8日、関係者はWindows Serverの次のミックスにもう1つのコンテナオプションを追加しました。 Windows Server 2016ユーザーには、MicrosoftがHyper-Vコンテナを呼び出すものを実行するオプションもあります。これらは、MicrosoftのHyper-V仮想化テクノロジによって強化されるDockerで管理可能なコンテナです。

多くのコンテナ技術は仮想化の必要性を取り除くと述べていますが、Microsoftの関係者は、仮想化を使用してコンテナに別の分離レイヤーを追加すると、多くの企業顧客にアピールする可能性があると述べています。 Hyper-Vは、OS全体ではなく、コンテナの周りを走り、より多くのセキュリティ/サンドボックスと全体的な制御を提供すると、Microsoftの幹部は語った。 Hyper-Vコンテナは、マルチテナント構成でWindows Serverを実行しているユーザーにとっても役立つ可能性があります。

マイクロソフトでは、Windows Serverコンテナを実行するための最適なプラットフォームとしてNano Serverを配置しています。

マイクロソフトの関係者は、4月下旬にサンフランシスコで開催されるビルド(Build)カンファレンスで、Windows Serverコンテナ技術(Hyper-Vコンテナではない)をデモンストレーションする計画だという。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます