Microsoftは2012年第4四半期までiPad、Android用のDynamics CRMモバイルサポートを延期

Microsoftは、2012年第2四半期から2012年第4四半期まで、クロスプラットフォームのDynamics CRMモバイルクライアントサポートを延期しました。

Windows 10:MicrosoftのSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェアの登場、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面、モビリティ、MicrosoftのEdge電池の主張:Chrome on Surfaceより長い、クラウド、Azure、Office 365:マイクロソフトの2つの新しいクラウド地域がデータプライバシーの問題に取り組む

2月にMicrosoftは、2012年第2四半期のサービス更新の一環として、iPad、iPhone、Android、Blackberry、およびWindows Phoneデバイス用のCRMクライアントのモバイル版を利用できるようにする計画を発表した。 2月には、Microsoftは2012年4月から5月にかけて、これらのクライアントをそれぞれのマーケットプレイスから提供することを予定していました。 CRMチームは、7月6日のブログ記事で、クロスプラットフォームのアップデートが今年後半になるまでほとんど知られていないことを明らかにした。 Microsoft Dynamics CRMの2012年第4四半期のサービスアップデートの一環として、これらのクライアントを利用できるようにすることを目標としています;ポストから:顧客やパートナーからのフィードバックを聞いた後、Microsoft Dynamics CRM Mobileとクロスブラウザサポート。これらは以前はQ2 2012 Service Updateで提供される予定でしたが、2012年第4四半期に予定されているサービスアップデートでこれらのサービスを提供する予定です。Q4リリースの中心に、私たちはモバイルでより魅力的なカスタマーエクスペリエンスクロスブラウザ。今年の夏には、新しい機能とインターフェイスを詳述したQ4 2012 Service Update Release Preview Previewが公開されます。

この記事では、Q2アップデートからのモバイル/クロスプラットフォームサポートを後押しした結果、マイクロソフトは予定されているQ4 CRM成果を遅らせることはないと付け加えた。

マイクロソフトは、プラットフォームにモバイルサポートを追加するだけでなく、Dynamics CRMユーザー向けにクロスブラウザサポートを強化する予定です。 Q4アップデートでは、ユーザーはPC、Mac、iPads上で動作するInternet Explorer、Chrome、Firefox、Safariのいずれかを選択できます。どのバージョンがどのプラットフォームでサポートされるかを示すチャートです

今後のDynamics CRMモバイルクライアント/サービスは、ユーザー1人あたり月額30ドルから始まり、ユーザーあたり最大3台のデバイスの使用をサポートします。

マイクロソフトの関係者は、昨年、社内のDynamics CRM製品とホステッドCRM Onlineの両方に、四半期ごとのアップデート(2つのメジャー/ 2つのマイナー)を提供する予定だったと発表した。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

?Google、MicrosoftのEdgeバッテリーの主張を反駁:Chrome on Surface

Azure、Office 365:Microsoftの2つの新しいクラウド領域がデータプライバシーの問題に取り組んでいます