MicrosoftはOffice 365からSkyDrive Proクライアントをアンバンドル

Microsoftは、クラウドストレージとコラボレーションアプリケーションSkyDrive ProをWindows用のスタンドアロンクライアントとしてリリースした。

Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する、エンタープライズソフトウェア、Microsoftの新しいビジネスモデル、Windows 10:有料プレイ、Microsoft、Androidの未来はWindows? :ワンクリックでネットワークの問題を解決する

SkyDriveのエンタープライズの従兄弟であるSkyDrive Proは、2012年の初めに発表され、既に一部のOffice 365サブスクリプションと最新のデスクトップライセンスと共にインストールされていましたが、以前はスタンドアロンアプリとして利用できませんでした。

スタンドアロンクライアントは、Office 365でSharePoint 2013またはSharePoint Onlineを実行する企業向けの同期およびコラボレーションツールです。SkyDriveに似ていますが、SkyDrive Proライブラリは、企業が管理するローカルサーバーまたは「クラウド内の安全な場所に保存できます」 。後者のオプションは7GBのストレージを提供し、オンプレミスの設定はさまざまです。

マイクロソフトは、「スタンドアロンクライアントは、Office 365のSharePoint 2013とSharePoint Onlineのユーザーが、自分のSkyDrive ProとSharePoint 2013またはOffice 365のチームサイトのドキュメントライブラリをローカルマシンに同期させて、重要なコンテンツにアクセスできるようにする」と述べています。 WindowsのブロガーPaul Thurott氏は、以前はこの機能はOffice 2013にバンドルされていたにすぎないと述べています。

Office 365 Pro Plus、Office 365 Small Business Premium、およびOffice Professional Plus 2013をお持ちのお客様は、すでにSkyDrive Proにアクセスできるため、スタンドアロンクライアントをインストールする必要はありません。スタンドアロンクライアントをインストールする必要はありません。 2007。

SkyDrive Proは以前SharePoint Workspace 2010で使用していた同期機能を置き換えました.SightDrive Proクラウドアカウントを使用した7GBのストレージも、SharePoint Online MySiteが提供した500 MBのストレージを突き上げました。

クライアントは、Windows 7、Windows 8、Windows Server 2008 R2、およびWindows Server 2012でサポートされています。

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

Windows 10のMicrosoftの新しいビジネスモデル:遊ぶための支払い

Androidの未来はWindowsだろうか?

Windows 10のヒント:ワンクリックでネットワークの問題を解決する