MicrosoftはSkylakeのサポート終了日にWindows 7と8を2017年から2018年に延期

マイクロソフトは、Skylakeベースのデバイスを実行しているWindows 7およびWindows 8.1ユーザーのサポート期間と、それがどれくらい完全に継続するかについての姿勢を緩和している。

Windows 10、Windows 10、Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する、クラウド、MicrosoftのクラウドパートナーのサブスクリプションでWindows 10 Enterpriseを利用できるようにする、エンタープライズソフトウェア、WindowsのためのMicrosoftの新しいビジネスモデル10:有料プレイ

3月18日に開催された「Windows for IT Pros」のブログ記事では、マイクロソフトの役員が最新の利用規約を概説しました。

Microsoftは、2017年7月17日にSkylakeでWindows 7とWindows 8.1のフルサポートを断念する代わりに、2018年7月17日までに、2月に提供されたデバイスのセットリストを全面的にサポートします。

マイクロソフト社はまた、Windows 7とWindows 8.1のユーザーがいったん入手すれば、どんな種類のセキュリティ更新プログラムが登場するかという言葉を強調している。

「2018年7月以降、重要なWindows 7およびWindows 8.1のセキュリティアップデートは、Skylakeシステムのために、Windows 7、2020年1月14日、および2023年1月10日のWindows 8.1のサポート終了まで延長される予定です。 (これは、MicrosoftとOEMでサポートされているデバイスの一覧にあるマシンのみです)。

あなたがWindows 7を実行しているPCを望むなら、あなたはどこを見ますか?あなたの地元のオフィスのスーパーストアやビッグボックス小売店をスキップして、ビジネスバイヤーが行く場所に行ってください。これらのチャンネルでは、Windows 7が消えたことがないことがわかります。実際、生きているだけでなく、繁栄しています。

これらの新しい説明は、PCだけでなくSkylakeベースの組み込みデバイスでWindows 7,8、および8.1を実行しているユーザーにも当てはまります。今日まで、組み込みユーザーは、同じカットオフの日と曖昧なサポートコミットメントに直面していました。

マイクロソフトの幹部は、1月に、Windows 7 / 8.1プラットフォームの信頼性や互換性を他のデバイスに与える危険性がない場合、「最も重要なWindows 7とWindows 8.1のセキュリティアップデート」を提供し続け、

Microsoftの1月中旬の発表前に、ビジネスユーザーは新しいSkylake / Intelの第6世代のCore PCを購入できるようになり、必要に応じてWindows 7または8.1にダウングレードしました。

Windows 7 SP1は現在拡張サポートされており、2020年1月14日まで、そのオペレーティングシステム上のすべてのセキュリティ更新プログラムをユーザーに提供すると述べています。Windows 8.1の拡張サポート期間は、2023年1月10日まで。

しかし、Microsoftは1月に突然サポート保証を変更した。たとえば、ユーザーが古いプロセッサ(インテルのHaswellファミリなど)を使用していれば、Windows 7と8.1では同じサポート終了日が残っていました。しかし、さまざまな互換性/テスト/予算上の理由から、Skylakeで7または8.1を実行したいと思っていたユーザーや、より短いサポート滑走路に直面した新しいプロセッサが必要でした。

Microsoftの関係者は、今日の顧客フィードバックの変更が原因だと考えています。しかし、Skylakeのすべてのデバイスとその後継製品で、できるだけ早くユーザーをWindows 10に移行することを擁護し続けていることは間違いありません。

マイクロソフト社のSurfaceオールインワンPCが10月のハードウェア発売を表明

Windows 10のヒント:デスクトップやロック画面に最適な背景を作成する

Windows 10 Enterpriseは、Microsoftのクラウドパートナーからのサブスクリプションで利用可能になりました

Windows 10のMicrosoftの新しいビジネスモデル:遊ぶための支払い