OracleはMySQL 5.6の機能と速度をアップ

Oracleの広く普及しているMySQLのオープンソースデータベースの最新バージョンがダウンロード可能になり、特にWeb、クラウド、および組み込みアプリケーション環境にアピールするように改良されました。

MySQL 5.6には、InnoDBストレージエンジンへのNoSQLアクセスや、より高速な実行時間、優れた診断機能など、注目すべき新機能がいくつか含まれています(MySQLエンジニアリング担当副社長、Tomas Ulin)。

以前のバージョンが2年ちょっと前にリリースされたとき、これはコミュニティや他の人たちが最高の質のMySQLリリースとして賞賛したとUlinは述べています。 「我々は、これが質と内容の面でさらに大きな成果を上げることを期待している。

Ulinによれば、5.6の主な機能はサブクエリの最適化、オンラインDDL、InnoDBへのNoSQLアクセス、パフォーマンススキーマによる新しいインストルメンテーションです。 「また、全体的なパフォーマンス、スケーラビリティ、信頼性、および管理容易性の改善を行っています」と彼は付け加えました。

オラクルはクラウド戦略の最新情報を提供する予定です。しかし、それはライバルよりもクラウドの未来を大きく異なるものにするだろう。

改善された実行時間と診断のために、MySQLはサブクエリの最適化を処理して、データにアクセスするための不要なラウンドトリップが発生しないようにしました。 「実際には大幅に改善されています。実行しているクエリの種類に応じて、10倍、100倍高速です」とUlin氏は述べています。

MySQL 5.6では、インデックス条件のプッシュダウンとバッチキーアクセスも提供しています。 “[これらの]はまた、特定の種類のクエリを最大280回まで改善することができるため、影響を受けるクエリに対しても大きな利益をもたらします。

Ulinによると、長い間要求されてきたもう一つの機能は、Insert、Update、Delete操作と一緒にExplainを持つことです。 「これまでのリリースでは、これについて多くの肯定的なフィードバックが得られました。最適化のステップで何が起こっているかをもっと簡単に理解することができます。

パフォーマンスのスループットを向上させるために、InnoDBストレージエンジンには多くの変更が加えられています。 「読み取り専用のワークロードでは、実行時間が3倍以上に短縮されています。

このような改善は、特に、マルチコアマシンで並行処理の高いワークロードを実行している場合に顕著になります。私たちのラボでは、今まで最大48コアまでスケーラビリティを直線的に表示できます。

InnoDBに関連したもう一つのMySQL 5.6の機能は、オンラインスキーマ変更とオンラインDDLを行うことができます。 「インデックスを追加したり、インデックスを削除したり、カラムを追加したり、カラムやその他の変更をスキーマに追加したい場合は、テーブルなどをロックする必要はありません。前記。

サービスのダウンタイムなしで、更新や修正を続けることができます。

InnoDBでフルテキスト検索が可能になりました。 “フルテキストインデックスを持つことは、以前のリリースではMyISAM [5.5以前のストレージエンジン]を介してのみ利用可能でしたので、InnoDBはすべてのタイプの作業負荷とすべてのタイプの主要なストレージエンジンでなければならないという戦略を引き続き構築しますアプリケーションの。

エンタープライズソフトウェア、?TechnologyOneは、農業、共同作業、現在のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか? HPEはLinuxディストリビューション、Enterpriseソフトウェア、Appleが9月13日にiOS 10をリリース、macOS Sierraを9月20日にリリース

Ulin氏によると、MySQLは歴史的にWeb環境で「スィートスポット」を享受しており、すべての新機能がその分野で働いている人々に利益をもたらすだろうと述べている。

「一般的に、我々が焦点を当てているのはウェブです。通信業界 – 組み込みスペース – とSaaSおよびISV市場とその焦点は今後も続くでしょうが、これらの機能セットが特定の新しい市場に集中するのに役立つとは考えていません。

?TechnologyOneは農業に6.2百万豪ドルを調印

今日のデジタルワークプレイスの構成原理は何ですか?

NoSQLアクセス

オンラインDDL

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Appleは9月13日にiOS 10を、MacOS Sierraは9月20日にAppleをリリースする