Parallelsはクラウドサービスの販売を容易にします

Parallelsは、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)と開発者がアプリケーションパッケージング規格(Application Packaging Standard:APS)を推進してクラウドサービスを市場に投入するために必要な時間とコストを削減することを目指しています。

ParallelsのISVとSaaS提携のシニアディレクター、Alex Danyluk氏は、Webサイトによると、通信事業者やホスティング企業などのアジアのサービスプロバイダーは、通常エンドユーザーにできるだけ多くのクラウドベースのサービスを提供したいと考えていた。しかし、これは現実的ではなく、各ソフトウェア開発者は個々のサービスプロバイダーと協力して、後者のプラットフォームで顧客にプロビジョニングして請求できるようにする必要があります。

これは、サービス、課金およびその他のバックエンドサポート機能のプロビジョニングに関して、ソフトウェア企業が遵守するための標準パラメータを提供することによって、APSが導入される場所です。基本的には、ソフトウェアと市場プラットフォームの間の “リンク”として機能し、ISVやサービスプロバイダーがクラウドサービスを市場に持ち込むことをより容易にするとDanyluk氏は説明する。

これらの市場プラットフォームは、ホスティングおよびクラウドサービス配信システムであるParallels Automationテクノロジに基づいています。仮想化ソフトウェアベンダーは、Parallels Automationの販売によってAPSから利益を得たほか、APSを使用してパッケージ化されたクラウドサービスの一部を、Parallelsのアジア太平洋地域担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーDavid Dzienciol氏に別のインタビュー。

APSのWebサイトによると、「APSがなければ、個々の配信パートナーシップで独自のプロビジョニング、課金、管理を解決する必要があります。

Application Packaging Standardは、2007年にParallelsによって最初に開発されました。その後、ホスティング会社1&1などの業界パートナーにその技術を公開し、標準の採用を促進しました。

アジアの中小企業をターゲットとするDzienciol氏は、APSを使用したクラウドサービスの市場投入期間の短縮と混乱の可能性も指摘し、中小企業(中小企業)のクラウドの普及を促進すると語った。これまでの調査では、アジア太平洋地域の中小企業向けクラウド市場が38%、2015年には年平均成長率(CAGR)が198億ドルに達することが示されました。

既に一部の地域の通信事業者やホスティング企業は、APS対応プラットフォームを使用しています。これには、韓国のKTとオーストラリアのiiNetだけでなく、シンガポールのクラウドとマネージドホスティングプロバイダのReadySpaceも含まれます。 Zimbraの電子メールとコラボレーションスイートを搭載したVMwareやOffice 365製品を搭載したMicrosoftなどの他の業界大手企業も、オンラインサービスをAPSにパッケージングしているという。

Danyluk氏によると、Parallelsとそのビジネスパートナーは、システムインテグレータ(SI)を含むエコシステムと参加ISVやサービスプロバイダの成長を加速させることを期待しています。

これは特に、エンタープライズ開発者の間での標準の「可視性」が依然として「非常に低い」アジア太平洋地域では、Dzienciol氏は付け加えました。

クラウドコンピューティングの成長

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

クラウド;クラウドコンピューティングは一度に1つのAPI、エンタープライズソフトウェア、甘いSUSE! HPはLinuxディストリビューションを曇らせる、クラウド、Twilioは新しいエンタープライズプランをより敏捷性を約束する、クラウド、Intel、Ericssonがパートナーシップを拡大してメディア業界に注力

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大