Qantas、Taylor Firm社の51%を買収して分析部門を強化

カンタス航空は、分析・保険コンサルティング会社のテイラーファーム(Taylor Firm)の株式51%を取得し、Qantas Loyaltyのデータと分析機能を拡張しました。

政府部門と「高プロファイル」のオーストラリアブランドにサービスを提供するTaylor Firmが、Qantas Frequent Flyerプログラムで最もよく知られているQantas Loyaltyグループに加わります。

買収契約に基づき、テイラーファームは引き続き別の事業として運営され、シドニーとメルボルンに既存の名前、ブランド、オフィスを保持します。

Qantas LoyaltyのCEO、Lesley Grantは、Qantas Frequent FlyerプログラムはQantas Loyaltyの中核を担いますが、大規模なデータ市場やデータ駆動型の顧客洞察に取り組む機会を追求してビジネスを成長させることを目標としています。

「Qantas Frequent Flyerの27年以上の知識と洞察のおかげで、データを活用することは新しいものではありません。データや分析分野での信頼性があると確信しています。 、” 彼は言った。

このことを踏まえて、カンタス航空は、2015年度上半期のQantas Loyaltyは、前年同期比10%増の1億6,000万ユーロの基礎EBITを達成したと発表しました。

より具体的には、カンタス航空のフリークエントフライヤープログラムは、合計で10.5百万人に達するために、その半分に40万人以上の新会員を追加しました。

同様に、クアタス・キャッシュ・トラベル・マネーと会員カードは2014年度の下半期から27%増加し、約8億​​オーストラリアドルをカードに積みました。

また同グループは、同グループが税引後2億600万豪ドルの法定利益を達成し、税引き前利益が3億6,700万豪ドルとなり、前年同期より619百万豪ドルの改善を達成したと報告した。

この結果を「4年間の最優秀半年の業績」と表現したカンタスのCEO、アラン・ジョイス氏は、バンパーの業績は同社の変革プログラムに帰したと述べ、半年で3億7,400万豪ドルの利益を出したと述べた。

「変革の影響がなければ、カンタス航空は今日利益を上げることはできないだろう」と彼は語った。

カンタス航空は、2013年12月にトランスフォーメーションプログラムが開始されて以来、国内線の自動SMSチェックインの導入、機内エンターテイメントの拡大、ライ・フラットを特徴とするA330機の導入に「規律ある投資」を行ったビジネスクラスのベッド、シンガポール、香港、ロサンゼルスの新しいラウンジがあります。

カンタス航空は、今年度の目標である600百万豪ドルから2015年度に6億7500万豪ドルの転換利益を達成することを目標にしています。

ジョイスはまた、年末までに10億オーストラリアドルの純負債削減目標を達成するという同社の計画を強調した。

LinkedInが新しいブログプラットフォームを発表

これはBig OLAPの時代ですか?

ビッグデータ分析、Big Data Analytics、DataRobotはデータサイエンスの欠点を自動化することを目指している、Big Data Analytics、MapR創設者のJohn Schroederが辞任し、交換するCOO

DataRobotは、データサイエンスの果実を自動化することを目指しています

MapRの創設者John Schroederが辞任し、COOが辞任