Salesforce Q2は見積もりを上回り、シェアは軽いQ3の指針になる

Salesforceは第2四半期決算を発表したが、今四半期のライトガイダンスでは数時間後にシェアを伸ばした。

ソーシャルエンタープライズの供給者は、非GAAPベースの利益を24億ドルで、前年同期比25%増の1株当たり24セントと報告した。

ウォール街は20億2000万ドルの収益で1株当たり22セントの利益を追求していた。

サブスクリプションおよびサポートの収益は、24%増の18億9000万ドルでした。プロフェッショナルサービスおよびその他の収益は、前年同期比33%増の1億5,100万ドルでした。

今四半期のアナリスト予想では、収益は21億3000万ドルで1株当たり24セントの利益を期待している。 SalesforceのEPSは20セントから21セント、売上高は21億2000万ドルから21億2,000万ドルと短くなった。その結果、その株式は遅れて取引されると6%近く下落した。

当年度は、Salesforceの指針をもう一度、82億7500万ドルから83億2500万ドルに引き上げました

Salesforce CEOのMarc Benioff氏は、この結果により、同社の規模が他のどの企業ソフトウェア会社も行っていないと述べた。

Benioff氏は、「CRMのための世界初の総合的な人工知能プラットフォーム」と述べたSalesforce Einsteinの発売を訴えた。このプラットフォームは、カリフォルニア州サンフランシスコで開催される同社の今後のDreamforceカンファレンスで発表される予定です。

甘いSUSE! HPEがLinuxディストリビューションに突入

Twilio、新しいエンタープライズプランを発表

インテル、エリクソン、メディア業界に注力するためのパートナーシップを拡大

?Xero、BPAY支払いのためにMacquarie Bankと提携

Q2の市場予想を上回るDellのテクノロジー、Salesforce Q2の見積もりを上回る見込み、Q3ガイダンスの軽視、Pure FlashのQ2見積もり、売上高の大幅増、Splunk、Autodesk、Brocadeの堅調な四半期報告、 HPのQ3は見通しを上回っているが、PC、プリンタの不調は続き、WorkdayはQ2の四半期売上高を記録している

エンタープライズソフトウェア、Sweet SUSE! HPは、Linuxディストリビューションを支えるLinuxディストリビューション、Cloud、Twilioは新しいエンタープライズプランを展開し、CloudはIntel、Ericssonはメディア業界に重点を置くようにパートナーシップを拡大、XeroはBPay支払いのためにMacquarie Bankと提携