S’poreインキュベーターはインド、韓国の新興企業を募集しています

シンガポール – シンガポールにインドと韓国の新興企業を誘致するため、シンガポールは今年2つのインキュベーターセンターを設立している。

インド起業家のグループは、インドからシンガポールに進出する新興企業を支援するためのインキュベーターを開設したい “と昨日の就任戦略瀬戸ロクインの経済開発委員会(EDB)ディレクターは語った。

まもなく、インディアンセンターであるインキュベーションセンターについてのニュースが届きます」と、TechVenture Asia 2001フォーラムの記者会見で講演していました。

このイベントは、スタートアップを促進し、島を「スタートアップ、テクノプレナー、ベンチャー・ファイナンスのための魅力的な場所」にする政府の取り組みの1つです。主催はEDBアームTIFベンチャーズで、フォーラムは9月17日から19日まで開催されます。

瀬戸は9月に韓国インキュベーションセンターが開設されることを明らかにした。 「韓国政府は、世界化プロセスの一環として、シンガポールに移転する新興企業をいくつか発見した」と、ビジネス・タイムズ紙は瀬戸氏の言葉を引用している。

シンガポールは物理的、法的、通信インフラストラクチャー、ベンチャーキャピタルの可能性、6,000の多国籍企業の存在のために新興企業にとって魅力的であると付け加えた。

現在、シンガポールには40のインキュベーターがあります。 2000年末現在、島には100のベンチャーキャピタル企業があり、115億シンガポールドルの資金を管理しています。インキュベーターは一般的に、物理的なスペース、金融サービス、管理アドバイス、マーケティングサポート、業界の連絡先などのスターアップを提供します。

TPG、シンガポールのモバイルスペクトルオークションに参加

VPNの禁止は、著作権を差別的に保護し、ユーザーを地下に追いやる

シンガポールで自転車タクシーを無料で提供

シンガポール、fintech実験のための実験室を開く

通信事業者、TPGはシンガポールのモバイルスペクトルオークションに参加するために適用されるセキュリティ、著作権差別を保護するためのVPN禁止、地下ユーザーを運転する;革新;シンガポールでフリーライドを提供する自己運転タクシー;銀行;シンガポールはfintech実験